花&フェノミナンはこれからもやってくれると確信した、クリスマスのライブ

天晴! やはり花ちゃんは凄かった。途轍もないエネルギーでライブ会場のメンバーを恍惚の渦に巻き込み魅了したのであった。昨日25日のクリスマスの夜に開催された「花&フェノミナン」ライブの夜に熱く燃えたライブは、今なおおいらの心に響いて消え去る気配もないくらいだ。

実はネット上には先日から、このライブが「花&フェノミナン」の最後のライブになるのではないかという情報がもたらされていたのだから、心安らかにはいられなかったのだ。

 どうもありがとうございました!
 花フェノは12月25日の
 ライブをもってしばらく
 活動を休止いたします。

というようなインフォメーションが「花&フェノミナン」の公式サイトに踊っていたのであり、もしやしてこれから「花&フェノミナン」の最後のライブ、歌声が聞けなるなるのかと、おいらは非常な失望感に捕らわれていたのだった。けれどもおいらが会場に居た花ちゃんに確認したところ、

「少し、少しだけ休みますよ。そしてまたやりますよ」

ということでありました。また先々活動を再開することを打ち明けてくれたので、少々安心もしていたのでしたのです。

この日のライブ会場は国立の「地球屋」。まず最初に「KORAKORA」のライブから始まり「THE FOOLS」へとバトンタッチ。そしてとりの「花&フェノミナン」へとバトンが渡るのに2時間以上の時間が経過しており、会場は前2ライブでの興奮でごった返していた。そしていざ鳳「花&フェノミナン」の登場と相成ったのです。

ファンならば皆知っている「君の月の部屋」からライブがスタート。

♪ 君の胸のぬくもりと 河の流れる音はおんなじだ
  国境をかけひきで 飛び越えるより
  あいしてる その一言で
  宇宙まで飛び越える 上も下もないところまで ♪

う~ん、響く! これ以上ないくらいに響き渡るリズムだ。そしてたしか、3曲目。「光の中へ」。これこそは至極名曲である。

♪ いくつもの 出逢いの旅の空
  すすけた顔で あなたと笑えば 道は転がっていく

  例えばそこが 世界のどんづまりでも

  目を開ければ そこには道があり
  ぼくらにはまだ行くところがある

  わずかなほんとうのことが この道には溢れてる
  風に吹かれた 唄うたいが 自由をまた唄にする ♪

次の道に踏み出すための一歩としての休養期間なのだろう。まだまだ彼らはやってくれると確信したのです。

コメントは受け付けていません。