川越達也シェフがプロデュースした「僕の味噌らあめん~ボロネーゼバター添え」を食する

本日のTV番組では、川越スマイルがモットーのようなグルメ番組が放映されています。川越シェフと云う人はとても苦節を重ねている人のようですが、あの笑顔(スマイル)だけはおいらは個人的に、素直に受け入ることができかねているのです。

そんなこんなの今日日、苦節を重ねた川越達也シェフがプロデュースするというラーメン「僕の味噌らあめん~ボロネーゼバター添え」を、目に付いたポスターに引き寄せられて、おいらも食してみました。

別に悪口云う気持ちは全くありませんが、普通の味と食感と食べ心地を満足させるものでありました。特別に悪い印象と云うものは抱かなかったのですが、積極的にPRするような物語が見当たりませんでした。

そうこうしながらしばし食しているうちに、何だかファーストフードの食材を胃袋に押し込んでいるような気分になってしまった。食の満足といおうか、食文化とでも述べようか…。そのような文化的人間的な気持ちが失せる体験であったと感じざるを得なかったのである。至極残念ではあった。

今日の番組は、いつもの青木さんではなくて新人の人がコメントしているようですね。新人ながらに気負っているのでしょうがコメントは軽々しくて嫌になります。やはり青木さんのコメントを聞きたいと思いましたのでした。

コメントは受け付けていません。