「アメ横焼」は果たしてアメ横の新名物となるか?

上野アメヤ横丁(通称アメ横)を散策していたら、「アメ横焼」なるメニューの屋台に遭遇した。1個200円也。さっそく一つ頬張ってみたのだった。

大判焼き用に似た鉄板に、お好み焼きにそっくりの粉モノ系素材が乗って焼かれていく。生地の間に卵が1個分挿入され、たっぷりのソースとお好みでマヨネーズがかけられて提供される。ソースやマヨネーズはとても甘ったるく、これ無しで食べたかったと、後になって思った。

関西大阪のお好み焼きに対抗しての新メニューと思われるが、果たして当メニューがこれからアメ横の新名物になっていくのかどうか? けだし興味深いところではある。

コメントは受け付けていません。