真イカの沖漬けは沖の香り漂う珍味なり

ikaoki01
釣れたばかりの生きたイカを船の上で、つまりは沖で漬けたことから「沖漬け」の名前が定着されたというが、そんな本物の沖漬けは少ないだろう。それでも新鮮な真イカを醤油ベースのタレに漬けたものは、海の香り、沖の香りが漂ってくる。日本酒とも好相性であり酒が進むことこの上ないくらいの珍味では在る。

コメントは受け付けていません。