赤城山南麓の赤城神社へと向かった

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
上毛電鉄に乗って大胡駅にて下車し、そこから上州の名山こと赤城山の南麓へと向かっていたのだった。大胡駅からふるさとバスに揺られて20数分で赤城神社へと到着。樹々の息吹や澄んだ風にやらに囲まれたその大地からは、この地独特の地場とも称すべきものが存在しており、其れこそはある種の神々しさを感じ取るに充分なのだった。赤城山の南麓はと云えばそこかしこに湧き水が湧き溢れ、温泉が湧出している。夜の森には猪の家族が列をつくって更新する姿も見かけるというくらいに、野趣溢れる地域である。都会の生活に行き詰まったりしたときには赤城山を目指してリフレッシュすることが可能である。おいらもそんな神々しい恩恵に浴していたのであった。

故郷の「前橋まつり」に遭遇

maeashimatsuri01

maeashimatsuri02

maeashimatsuri03

maeashimatsuri04

母が病院へ入院して以来、地元の上州前橋に定住気味のおいらである。先日は母も病状回復して病院を退院し、以前からの老人施設へ戻ったが、なかなか東京の生活には戻れず、このまま実家での定住を考えている昨今なり。そんなこんなの本日は、旧市街地周辺にて「前橋まつり」なるイベントに遭遇したのだ。シャッター街などとも呼ばれて久しい故郷前橋の商店街にて、このような祭りが開催されていた。壊れかけている商店街の息吹を快復させようという、関係者の思いが強く圧し掛かってきたものだ。ただ此処で感じたことのひとつには、新しい「祭り」の形態に戸惑う一面があったのもまた確かなり。新しい「祭り」の形態に戸惑うのはおいらが変わったのが要因なのか、あるいは古里の質が変貌を遂げていたからではなかったのか?

高崎駅で「峠の釜めし」を喰らう

tougekamameshi01tougekamameshi02
所要で立ち寄った高崎で「峠の釜めし」を購入。丁度お昼時であり、乗車までにも時間が在ったので、駅構内にて其の釜めしを喰らうことになっていた。そもそも的に群馬県内の駅弁の中で、おいらは「峠の釜めし」が一番のお勧めである。おいらが幼少の頃から釜めしといえば「峠の釜めし」を指していたのであり、電車旅のお供としても最もポピュラーな代物だった。どっしりとして重量感の在る益子焼きの土鍋の中には、鶏肉味が染みたご飯に椎茸、筍、栗、牛蒡、杏、等々の具材がトッピングされている。やや濃い目の奇をてらわない味付けが、何度食べても恋しくなるほどで、まさしく旅の友としての駅弁の魅力が詰まっているのだ。

■峠の釜めし本舗 おぎのや

http://www.oginoya.co.jp/index.html

前橋産「朝顔菜のお浸し」

asgaona01
空芯菜という野菜が在る。中国料理ではポピュラーな食材だが、日本ではまだまだ珍しい。別名で朝顔菜とも云う。朝顔のような白色の花を咲かすことから付けられた日本名である。おいらもどちらが好きかと問われれば、朝顔菜の方が好きだと答えるだろうし、こちらのほうが味も美味そうに感じ取られてしまうのだ。実際のこの食材は、中が空洞になった青菜である。少々の粘り気も有り、シャキシャキとした食感もまた特徴である。炒めても美味いがお浸しにして味わえばその食感がストレートに伝わってくる。ビールにも合う逸品的のおつまみでは在る。

糸を引く「納豆チャーハン」は邪道的メニュー

nattochahan01
ありそうでなかった「納豆チャーハン」を食した。正統派のチャーハンに比べると、先ず強烈な匂いが鼻を刺し、パリッとしてなくてドロっとした納豆の食感がまとわりつくのであり、更には箸から糸を引くのであるからして、これはまさしく邪道的メニューと云ってよい。だがおいらはこんな邪道食を口にして美味いと感じていたのであった。

真イカの沖漬けは沖の香り漂う珍味なり

ikaoki01
釣れたばかりの生きたイカを船の上で、つまりは沖で漬けたことから「沖漬け」の名前が定着されたというが、そんな本物の沖漬けは少ないだろう。それでも新鮮な真イカを醤油ベースのタレに漬けたものは、海の香り、沖の香りが漂ってくる。日本酒とも好相性であり酒が進むことこの上ないくらいの珍味では在る。

BASEL(バーゼル)富士森公園店の温泉卵、キムチ添えのチキンカレー

lakesidecurry01昼食時にふと、BASEL(バーゼル)富士森公園店を訪れた。都営の富士森公園を見渡す場所に位置するその「BASEL(バーゼル)」店内のはほぼ100パーセント近くの女性客で溢れている。そんな店内へと歩を向けたおいらは、やはり、相当に気恥ずかしい思いに囚われていたのであった。

そしてランチメニューの中から、チキンカレーを注文。出てきたそのメニューは、じっくりと煮込まれたチキンの味わいがしみて、とても女性客に受けそうだということを合点した。トッピングがまた、温泉卵とキムチである。このビミョーな取り合わせに、男性陣の一人としてのおいらは少々疑問視したのであるが、お腹に入ってみれば、カレーの辛味、チキンの旨味、そしてキムチのピリリ感とが一体となっており、まずくはないことをさらに合点していたのである。

■BASEL(バーゼル)富士森公園店
東京都八王子市台町3-13-4

早々と地元で、秋の花こと彼岸花に遭遇したのだ

higanbana01higanbana02higanbana03秋の彼岸頃の季節になると、妖艶な真紅の花を咲かせる曼珠沙華。今年は少々早くに彼岸花に遭遇したのだった。別名・彼岸花とも呼ばれ、彼岸の日をピークにその満開の時期を迎える。おいらの実家の近くの道端にも曼珠沙華を見かけるが、鮮紅色の花の姿はまるで彼の世の世界からの導きの姿のように魅了しており、思わず顔を近づけてしまう。秋の香り云うべきその香りを嗅ぐと日々の雑念が消え失せるような錯覚にも捉えられていた。

鋭い真っ赤な花弁が咲きまくるその光景は流石の曼珠沙華である。天晴至極の様相を呈していると云ってよい。ところで曼珠沙華とは別名で彼岸花とも呼ばれており、秋の彼岸の到来を示している。今年の彼岸花の生育はほぼ予定通りの生育的スケジュールにのっとっているかのごとくだ。

ところで曼珠沙華の本場は高麗の巾着田である。埼玉県日高市高麗の「巾着田」を取り巻く地域には、100万本もの曼珠沙華が一帯に咲き誇り、その勇姿を人々の目に焼き付けている。高麗の「巾着田曼珠沙華祭り」はいまがはえどき、今年はちょうど、例年に無くピッタリの満開時期に訪れることができたのだった。家の近くの道端にも曼珠沙華を見かけるが、やはり巾着田のその群生する姿は圧巻である。鮮紅色の花の姿はまるで彼の世の世界からの導きの姿のように魅了しており、思わず顔を近づけてしまう。