東京ステーションギャラリーで「ジャン・フォートリエ展」を鑑賞

fautrier01

東京駅内のステーションギャラリーでは「ジャン・フォートリエ展」が開催されている。ジャン・フォートリエ氏と云えば、かつて世界のアンフォルメル芸術のムーブメントを牽引した第一人者であり、ジャン・デュビュッフェとともにおいらがもっとも気になっている芸術家の一人であるが、それのにかかわらず此れまでには、フォートリエの作品にはほんの数点しか接することができなかった。本日は漸く時間がとれて東京駅内のステーションギャラリーに足を運んぶことができていたのである。

東京駅構内に設置されたステーション・ギャラリーの、3階から2階にかけてのスペースにおいてジャン・フォートリエ作品が展示されている。まず3階のギャラリースペースに足を踏み入れると其処には彼の初期作品の、いわゆる具象的絵画の数々が展示されている。背景を黒く描いた黒の作品と称される作品や、裸婦を描いた作品群を目にして歩いていくごとに、彼がかつての若き頃には具象絵画を熱心に学び研鑽を積んでいたことを理解していく。フォートリエがフォートリエとして羽ばたく以前の具象的な作品群に接して、おいらは其れ等の膨大さに今更ながらに圧倒されていた。更にはその後に来る彼の運命における重大性にも最大的なるドラマツルギーを感じ取っていたのである。

第二次世界大戦後に、フォートリエは何度目かのブームに巻き込まれることになる。「人質」という作品のシリーズが美術界を大きく賑わしていた。ただし其の頃のフォートリエは世間的な評価とは裏腹に純粋な美術的創造の行為に突き進んでいる時期でもあり、当時の彼が生きて描いて生み出した作品群はまさに戦後のフォートリエ作品の真骨頂なのだということを納得させられていた。

彼の晩年の戦後の作品として展示されていたものたちには大作が多くあり、おいらも念入りに鑑賞をするとともに、稀有なる発見に身を震わせていた。例えば「黒の青」を目の前にすると制作時当時の作家の精神の高揚を感じ取るのであり、或いは「干渉」「草」「永遠の幸福」といった作品を目の前にしては作家の純な制作行為の後追い的ビジョンとなってしまうかのごとくである。「植物」という作品を目の前にしておいらはクレーの「砂の上の植物群」という作品を彷彿とさせられていた。そこには卓越した芸術家同士の魂の交流を視認した思いでもあった。

tokyo01
■東京ステーションギャラリー
所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1
連絡先:03-3212-2485
休館日:月曜日

初夏の名物「ヤモリ」が今年早くもまた出没したのだ

yamori01yamori02
梅雨になると通常は出没する「ヤモリ」が、今年は早くも今晩から目撃された。今宵は少なくとも2匹のヤモリに遭遇したのである。亜熱帯性気候が例年の気象を壊してより早いヤモリの出没を出来させたのかもしれない。それでもそもそもに古えより日本には「ヤモリが家にいる間は、その家には悪いことがおきない」という言い伝えがある。この言葉を信じてヤモリとは良き隣人として生活していきたいと思うのである。

主には窓ガラスの外からそのシルエットをのぞかせている。その独特な吸盤やらコケティッシュな仕草やらにて、とても愛嬌を振り撒いている。おいらも愛玩動物にしたいくらいに好きな生物のひとつなのだ。4本の足の指には吸盤が備わっているので、壁や木の高いところまでするすると素早い行動が特徴的である。ハエや蜘蛛などの小動物を餌にして活発に動き回るのがこの季節のようだ。もともと人間の生息範囲とヤモリのそれとは、特別な区分があった訳ではなく、人間や小動物のすむ所が生息範囲なのだ。

獰猛な顔つきに似合わず繊細な味の「カサゴの煮付け」を食した

kasago01
「カサゴの煮付け」を食した。カサゴとは水深の深いところに生息するからなのか、獰猛な顔つきに似合わずその味わいは脂が乗って繊細で、とても味わい深いのだ。

そもそもは頭が大きく、張り出した背鰭や胸鰭を笠に見立てて「笠子」と名付けたとされる。白身の味わいを食べ尽くすならば煮付けの料理がベターだろう。うす赤いその身は煮付けのスープによって光り輝いていたくらいに特別な料理であった。

ラーメン麺でつくる「ラ・ポリタン」を食す

raporitan01
八王子の飲食店が近年「八王子ナポリタン」の普及に力を注いでいる。「八王子ラーメン」の特徴である刻みタマネギをナポリタンにトッピングするのが一つの決まり事。だがいろいろと其れ等のメニューは試行錯誤の跡を愉しむことが出来る。

八王子南口から徒歩数分の処に位置する「ライクオニオン」では「ラ・ポリタン」というユニークなメニューが人気のもようだ。名前は単にフランス風なのではなくて「ナポリタン」ならぬ「ラ・ポリタン」、即ちラーメンの麺を使ったナポリタンスパゲティー風の料理だ。ラーメンの麺はパスタと同じく小麦が原料だが、その食感はかなり異なっている。ラーメンスープの麺に適するラーメン麺をナポリタンに使用するというアイデアは天晴的に特筆されるが、成功しているとは云い難い。ラーメン麺はパスタ麺のようなモチモチ感が無くて、トマトベースのナポリタンソースの旨味を活かしているとは云えないのだ。発想の意外性や情熱には頭が下がるが、メニューとしての完成度がいまいち低い。これからの益々の研究による完成度アップを期待したいものである。

■ライクオニオン
東京都八王子市上野町18-20

赤羽「丸健水産」のおでんでほっこり

0000
久しぶりに赤羽に途中下車し目指したのは、何度か通った鯉料理が美味いと評判の「まるます家」であったのだが、数十人が入り口に押し寄せているという光景を目にし、すなわち其れは入店するのに数十分以上の時間を要するという事態に立ち寄ったことから、同店をパスすることにした。そして数十メートル離れた「丸健水産」へと歩を進めたのである。基本的な情報としておいらが得ていたものは、「まるます家」から数分、距離にして数十メートルというものではあり、そんな曖昧情報を頼りに探し求めていたらば、案外簡単に「丸健水産」の店舗に出会うことが出来たのだった。

出会った赤羽の「丸健水産」といえば、所謂商店街にておでんだねを販売する店舗の様相なのだ。そこで立ち飲み的スタイルでおでんの具材を注文する。そして缶ビールか何かのお酒類を注文。おでんと酒とを一緒に注文するスタイルの稀有な居酒屋的店舗なのだった。
店頭でおでんだねを注文する。必須の大根とつみれの他はお任せだと告げておでんメニューが小皿に乗っていく。練り物おでんだねがお勧めなのか、練り物ととともに提供されていたおでんを口にしながら舌包みを打っていたのである。

けだしおいらが想像した以上の美味との邂逅を得ていたのである。

「パウル・クレー 地中海の旅」にみる旅と創作との関係の絶対性

[エラー: isbn:9784582634914:l というアイテムは見つかりませんでした]
近著として発刊された「パウル・クレー 地中海の旅」を読んだ。画家パウル・クレーによる地中海への旅と彼の創造的ビジョンとが密接に絡み合っていたということを、丁寧に検証して纏めたという一冊である。旅とはそもそも画家にとっての創造の源であるということを、具体的なクレーの絵画作品を基に解いていくのであり、古今東西を問わずにクレーの作品に魅せられた人々に、多大な興味を惹起させている。同書の筆者こと新藤信氏は「日本パウル・クレー協会」を設立した、わが国におけるパウル・クレー研究の第一人者であり、其れこそがまたクレー作品のもつ国際性、否それ以上の無国籍的なビジョン、広い意味での思想性を明示させているのだ。古今東西を縦断してこのような評価を得ている作家として、パウル・クレーの存在感を浮かび上がらせる名著である。

スイスで生を受けドイツで思春期を過ごしたクレーが地中海へ旅したことは、彼の制作的背景において極めて重要な要素を有していたことを示している。海のある地中海的世界を旅行したことでクレーは色彩を自分のものにすることができた。イタリアをはじめとしてシチリア、南フランス、チュニジア、エジプトといった地中海世界の文化との邂逅が無ければクレー作品の重要な部分が残されなかったのかもしれないということを、説得力のある検証によって明示させている。生涯にわたり旅への志向を持ち続けたクレーは旅の節目節目で紀行文と呼ぶべき文章を残している。クレーによる旅の途中のエピソードの数々は「日記」として彼自身の記述で記録され残されている。クレーの日記からの抜粋ととともに時々の作品をながめるだけでもクレー世界に引き込まれてしまう。ヨーロッパ圏から遠く離れた日本のファンを魅了してしまうクレーこそは、近代絵画のヒーローの名に値すると云っても過言ではないだろう。

ゲーテによる「イタリア紀行」を愛読していたクレーはまた、ゲーテが旅した軌跡を追体験しながら創作活動に彩りを付加していたのに違いない。地中海への旅によって色彩を自分のものにしたと語っているクレーにとっては、まさに、異国の地との邂逅によって得られた化学反応が創作活動エネルギーとして貫かれていたということを理解させてくれるのである。

絹ごし豆腐を素揚げにした「自家製厚揚げ」で一献

atsuage01

地元の居酒屋には「自家製厚揚げ」というメニューがあるのだが、これが存外酒の肴としていける逸品なのだ。所謂「揚げ出し豆腐」とは異なっていて、しっかりとした衣がさくさくとした食感を醸しており、中は絹豆腐のトロリとして繊細な風味が舌を襲う。生の豆腐を注文を受けてから植物油で揚げて調理されるものなのだからであり、それだけ手が込んでおり、料理人の思いが詰まっているのだ。こんな料理はまさに「Tokyo is a city of Dinamic ・・」云々と云った前東京都知事こと猪瀬直樹の言葉を惹起させるが、実際は其れ以上の逸品的な代物ではある。

厚揚げとはどこのスーパーにも置いてある日常的大衆メニューであり、取り立てて騒ぐこともないのは重々承知なのではある。だがしかし、こんな自家製厚揚げはといえば特別な裏メニューなのだ。おいらの出身地、群馬の田舎では、厚揚げのことを「生揚げ」と呼んでいる。生のままの絹漉し豆腐をそのまま油に潜らせる。10数分を経て揚がり上がったほ くほくのものを、葱、生姜、鰹節をのせ醤油を掛けていただく。まさしくほっかほっかの豆腐の旨みに加えてカリカリとした殻の食感がたまらない旨さのハーモ ニーを醸し出すのである。

■酒蔵一平
東京都八王子市東町11-5

青々として瑞々しい空豆を食した

soramame01
青々として瑞々しい空豆を食したのだ。空豆については豆の大きさが特筆されるが、大きいことは良い事だということばかりではないのである。押しの強い見た目に加えて、ビタミンB群をはじめとする栄養素豊富であり、食感もまた他には得がたいものがある。豆の生豆として味わうならば、空豆を第一番に推奨するのが常識的でもある。

見た目の青々さにくわえ豆類の中では大降りの存在感を示すのが、この季節の「空豆(そらまめ)」である。名前の由来は、豆果が空に向かってつくため「空豆」とされたという説が有力である。これからの季節には、「空豆(そらまめ)」が酒場のメニューにのる機会が増えるのであり、チェックも怠り無くなる。

調理法としては、そのさやのまま焼いたものや揚げたものなどあるが、ふつうに茹でたものが実に美味いのである。もちろんこの場合もさやごと茹でるのが基本だ。味付けは振りかけた塩のみ。フランス料理や中華料理にはない和食の基本が生きている。

夏野菜の茄子の素揚げには夏の季節の到来を期待させる

agenasu01
夏野菜の代表的な一品が茄子なのであり、酒のつまみとして味わうならば、素揚げにした茄子がもっとも味わい深い。本日はそんな茄子の素揚げを食したのであり、夏の到来を味わうことが出来た。そもそも茄子は、トマトとともに夏の代表的な野菜類であり、揚げ物特に素揚げにむいている。瑞々しい水分を含んだ茄子は脂料理ととても相性が良く、適度に水分を吸っていく。熱を通すことにより、その身にも適度のモチモチ感やこくを付け加えてくれるのだから有難いのだ。

だが茄子の素揚げ料理に関しては、その体脂肪率に及ぼす影響は小さく、そもそも茄子と植物油との相性はすこぶるよろしいのである。表面にピンと張った油面が茄子自体の美味さを倍増させている。此れからの時期に「冷やし麺」「冷やし蕎麦」「冷やし冷麺」「冷やし饂飩」「冷やしソーメン」等々には茄子の素揚げはベストなトッピングなのである。シンプルかつ夏の代表的料理としての「茄子の素揚げ」は、今後は注目されるメニューとなっていくに違いない。

「ひじき煮」と云えば我家の定番的メニューなのだ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ひじき料理といえば「ひじき煮」にとどめを刺すのだ。おいらの家ではこのひじき煮というメニューは定番中の定番である。煮込んだばかりのひじきが温かい湯気を発しているという景色は遭遇することの出来る料理関連の風景についての一番だとさえ考えられるくらいだ。

そもそもけだしおいらが此れまで生活習慣病も発症せずに生命的にも生息してこれたということは、ひじきの煮込み料理に依ることが大なのであるということを思っている。其れくらいに体調管理にとっては必須のメニューなのである。

「ひじき煮」としてのメニューでは脇役的食材としてひじきと共に普段的に煮込むのは、人参と大豆である。このコンビネーションは完璧と云ってよい。人参や大豆の料理として考えてみてモコの「ひじき煮」は特筆されるのだ。

ところでこれらの日本の伝統食の素晴らしさを世界に広めたのが、桜沢如一氏らによる「マクロビオティック」の食養生の思想である。欧州や米国の著名人たちが信仰している「マクロビオティック」という思想は、世界大戦以前に桜沢氏らによって広められた運動が基本となっているものだ。マクロビ思想によると、毎日の献立の中で「豆類、海藻類」を5~10%摂取することとされている。「ひじきと大豆の煮物」のようなメニューを、1割は摂りなさいと云うのが基本である。