「ほうれん草のベーコン炒め」に舌鼓

horenso01
「ほうれん草のベーコン炒め」を食したのだった。とても美味なりである。冬から春へのほうれん草の風貌には皺が深くに刻まれていており、見るからに分厚い雪に押し潰された凍えた畑の風景を容易に想像させている。上に伸びようとしても巨きな圧力に阻まれて伸びることが出来ないで、根を張るように伸びている、まるでぐれた少年少女のようにひめたる生命力の存在を感じ取らせるのに充分な姿かたちなのである。

喉と胃袋に優しい「ふわふわオムレツ」の味わい

omuletsu01
美味しいオムレツを食べることができたのだ。喉を潤す清涼な味わいを感じつつ、胃袋にも優しかった。美味しいものは箸とともに酒がすすむのは何時ものこと。ふわふわとして柔らかくそしてクリーミィである。この触感は他には見られない代物ではある。近頃の大衆居酒屋で美味いオムレツを出す店は少なくなっている。手に職を付けた味職人が減ったということ、そして悪しきコスト追求がその要因ではあろう。時間とコストを天秤にかけたコストパフォーマンスはこれに勝るものはないと云えよう。そんな状況の中で美味いオムレツを出している居酒屋のメニューには、敬服に値するのである。今や多くの大衆居酒屋の主的アイテムは揚げ物であり、時間とコストを天秤にかけたコストパフォーマンスはこれに勝るものはないと云えよう。そんな状況の中で美味いオムレツを出している居酒屋のメニューには、敬服に値するのである。

「やまん家」の八王子ラーメンに舌堤

hacramen01
関東地方では真夏日とも云われる日には、昼食にていろいろ考えた挙句に地元グルメの八王子ラーメンを欲しくなり、食したのだった。今回訪れたのは八王子駅南口のらーめん「やまん家」である。其処のラーメンを、玉葱盛りにて食していた。濃厚な醤油ベースのスープに刻み玉ねぎのトッピングが特徴の八王子ラーメンを提供するニューウエーブ店である。醤油ラーメンには珍しく麺は細麺。濃厚なスープを充分過ぎるくらいに吸い込んで喉に入る麺の味わいはド~ンとしたインパクトだ。細麺が八王子ラーメンに適しているかについては疑問があるが、八王子ラーメンの個性的な一杯であることは間違いない。八王子市内には「八王子ラーメン」の名店が数十店、百店舗ほどが存在する。濃厚な醤油ベースのスープに刻み玉ねぎのトッピングが特徴の八王子ラーメンを提供するニューウエーブ店が「らーめん百馬」である。醤油ラーメンには珍しく麺は細麺。濃厚なスープを充分過ぎるくらいに吸い込んで喉に入る麺の味わいはド~ンとしたインパクトだ。細麺が八王子ラーメンに適しているかについては疑問があるが、八王子ラーメンの個性的な一杯であることは間違いないのである。

■麺工房 やまん家
東京都八王子市子安町4-10-9 西村ビル1F

玉葱が主役の「春玉葱の天ぷら」

tamanegi01
春玉葱の天ぷらで一献したのだ。この時期の玉葱は見るからに瑞々しくて、しかも天ぷらの具材にもってこいときている。よくあるかき揚げ天ぷらの主材料が玉葱だが、玉葱だけで天ぷらとして成立させてしまうほどの味わいが、春玉葱にはあるのである。輪切りにして揚げられたその天ぷらは、口にすれば春を感じさせるのだ。

そもそも玉葱には、血液をサラサラにする成分を含む食材としても注目が高まっている。成人病の原因とされる血漿を予防する成分としての硫化アリルが玉葱には多く含まれているのである。玉葱に含まれる硫化アリルという成分はビタミンB1の吸収率を高めるのであり、スタミナ増強にはもってこいではある。常温ではニンニク様の匂いがあるので扱いにくいのだが、少々の水分にて浸しておくことでこれを解消することが可能である。

前橋名物のとんとんうどんを味わった

tonton01

豚肉で町おこしをという掛け声で始まった上州前橋の料理が、トントン料理である。「トントン汁」はトントン料理を代表するメニューとして地元に浸透しつつ在る。前橋市内の名だたる料理人11人(チーム名:前橋の食を作る料理界の11人)が考案した前橋のオリジナル豚汁。その特徴とは下記の通りとされている。

1 群馬県産の豚肉と豊富な野菜を使い具だくさん。
2 きのこをバターソテーしてから入れるため、味はまろやか。
3 白と赤の合わせ味噌使用のため、コクがありちょっと洋食風。
4 〝豚のつみれ〟や〝ねじっこ〟(すいとんのようなもの)が入った昔懐かしい味。

一般的な豚汁ともけんちん汁とも違っていて、上州前橋の土着的な風土にマッチした味わいが伝わってくる。ちょいと甘辛な味がしつこくもあるが、却って土着的な特徴を際立たせているのである。ゴボウ、ジャガイモ、大根、コンニャク、等々の根菜類に厚揚げや小麦粉の練物等が加わって、食覚や味覚のバラエティーが広がっている。豚汁という地味目な料理が逸品的B級グルメとしての存在感をアピールしていることを実感させられる。

簡単に述べればトントン汁にうどんを加えたのが「トントンうどん」ということになる。お腹の減った昼食や夕食のメニューとしてもまた、逸品の料理として認定しておきたいものである。

■パーラーレストラン モモヤ
群馬県前橋市千代田町2-12-2

人形町「筑前屋」の「トロたんタタキ刺」に舌鼓

chikuzenya01chikuzenya02chikuzenya03
朝どれの新鮮なモツが評判の店、人形町の「筑前屋」を訪問。串焼きの前に頼んだ「トロたんタタキ刺」が意外や意外の美味だった。トロタンといえば、舌の脂が乗った部位だと想像したが、想像していた程の脂身は無く、前歯で簡単に噛み切れるほどの柔らかさ。さっぱりした新鮮もつの味わいが口腔内を充満したのだった。

■筑前屋 人形町総本店
東京都中央区日本橋人形町2-7-16

「ハナミズキ」に遅い春の訪れを実感した

hanamizuki01

あっという間に桜が散ってから、これまでずっとモヤモヤ気分のおいらではある。そんな中で、偶然にもハナミズキの凛として爽やかな花に接して、改めての春を感じていたのである。

桜に比べると、さすがに華やかさには一段劣るが、そのどんよりとしたピンク色した姿から発する花の姿は、どんよりとしてしかも確たる春の香りだと感じさせていた。ともあれ、「ハナミズキ」に遅い春の訪れを実感したという訳なのでありました。

「アジの干物」は最もポピュラーな朝食料理

ajihimono01
アジの干物の焼きものを食した。そもそも、アジ(鰺)という魚は日本人にとって最もポピュラーともいえるが、そんなアジの最もポピュラーな料理が、アジの干物焼きだと云えるかも知れない。朝食の一品としては調理がしやすくて飽きが来ない。これが例えばアジではなくて金目鯛の干物であれば、ご馳走感は絶大だが、飽きが来てしまうような気がしてしょうがないのである。

八王子地元民に人気の「八王子油そば」を食した

昼時、おいらは地元民に人気の「八王子油そば」を食したのだった。

aburasoba01

太麺を調理油としての油に和えて食べるというメニューである。ずっと此のメニューは油過多により、健康には不向きの、不健康なものとばかりに感じていた故に、殆ど食べたという記憶が無いのである。だが本日は、ひょんなる機会から食することになっていたのだった。実際に食したその麺は、想像通りのストレートの太麺、そして和えていた油はピリッとして辛味が深くて、想像以上の食べ応えなのだ。しかも此の時のおいらは大盛りを注文していて、大わらわ。食し終わるにはゆうに40~50分の時間を要してしまっていた。思いの外に、油味は感じ取ることなくして食することとなっていた。

旬のブロッコリーを炊き込みご飯とキンピラにて味わう

takikomigohann01kinpira02
旬のブロッコリーを用いた料理を作って食した。この季節はブロッコリーが美味しくなる季節である。通常は茹でて食べたりするのが慣わしの食材なのだが、ちょいと趣向を変えて炊き込みご飯にしたら、これがすこぶる意外性の高いヒットメニューであったのだ。炊き込みご飯が炊かれる其のときから、室内は馥郁としたブロッコリーの香りが充満していた。まるで春の香りのごとくである。春季の炊き込みご飯にこれほど似合う食材は無いのではなかろうかとさえ感じさせてしまうのだ。そしてブロッコリーを用いたもう一つの料理が「キンピラ」なのであり、またまた季節感を充満させるに相応しい逸品なのであった。茎の部分が絶好のキンピラ食材になるのである。ビタミンB、C、カロテン、鉄分、等々の栄養素を豊富に含んだブロッコリーは、この時期が旬であり、とくに葉のついたものは国産品として流通し、人気である。蕾の塊の部分をさっと茹でればその独特の香りや触感に魅了される。食材となるのは蕾のところばかりではなく、茎の部分も栄養価が高く、捨てるにはもったいないので、おいらはこの部分をきんぴらにして食べる習慣がある。今回も蕾を調理した後の茎を用いてきんぴらにした。少々固いが食物繊維が豊富で、牛蒡とともにきんぴら料理にはもってこいの食材なのである。