ネット回線至上主義の落とし穴

先日から我が家のインターネット環境は、その中心回線であるNTTのフレッツ光ブロードバンドからのアクセスが不能となっていたのであり、不便を強いられていた。

トラブル当初は様々な原因を探ったのではあり、その時に思い付いていたのは下記のごとくなり。

〔1〕猛暑酷暑によりPCマシンのネット関連箇所がいかれたのではないか?
〔2〕WiFiの設定が壊れて、ソフト的な不都合が生じているのではないか?
〔3〕インターネットの大本を司る「ルーター」に不具合が生じているのではないか?

暦の休日を挟んで〔1〕〔2〕〔3〕の可能性をあれこれ詮索していたのであり、昨日漸く、NTT故障関連の部署に電話連絡が可能となった折には、おそらくは〔3〕のトラブルの可能性が高いというオペレーターの認識ではあった。

「普通は当日の修理にはうかがえないんです」というオペレーターを説き伏せつつ昨日は、急遽、NTTフレッツ光の点検修理作業員の人に来てもらうこととなったのである。

ルーターとデスクトップパソコンが設置されている部屋へ上がり、ルーターを分解してネット回線をチェックするなり、2名の作業員は何やら専門用語を連発。想定を超えたトラブルのようである。

「回線はどのくらいのレベルなんですか?」

というおいらの質問に対しては、

「まったく繋がっていない状況です。ここから(我が家のこの場所から)150メートルくらいのところで、回線が切れている可能性があります」

と答え、そそくさと外へと出て行った。その間の時間は5分も経たなかった。上記した3つの予測はすべて外れていたということであり、その想定外さは常識を逸脱するくらいのものであった。

結局、「150メートル」くらい離れた場所での光回線の切断が見つかったという。その修理作業にはゆうに1時間以上の時間を必要としていた。

おいらが居住する地域は地方都市の郊外とは云え、光ネットを利用する家庭は少なくないはずだ。そこで数日間のネット回線の遮断のトラブルは、少なくともおいらの想定を超えていた。

IP電話というネット回線を利用した電話を利用しているおいらとしては、こちらのトラブルが甚大だったことを思わずにはいないのだ。古き時代の電話回線には、このようなトラブルはほとんど無かったのであろう。インターネット回線に日常生活のすべてのインフラを集約しようとする流れに、一抹の不安を感じずにはいなかったのである。

吉本隆明さんに教わった「無言」という存在の重要性

吉本隆明さんに教わってきたことは多々あれども、その最も大きなことは、「無言」という現象への理解であったように思う。
「無言」とは「無意思」や「無思想」ではないことは明らかである。言葉にならない意思を込めて「無言」が存在するのである。ためにする議論等が蔓延っている現在社会において、敢て「無言」を貫く意味やその重要性を教えてくれているのである。

吉本隆明さんに教わってきたことは多々あれども、その最も大きなことは、「無言」という現象への理解であったように思う。

「無言」とは「無意思」や「無思想」ではないことは明らかである。言葉にならない意思を込めて「無言」が存在するのである。ためにする議論等が蔓延っている現在社会において、敢て「無言」を貫く意味やその重要性を教えてくれているのである。

夏野菜大盛りでオムレツをつくった

夏が本番ともなれば、夏野菜を主役にして料理に励まないといけない。そういうことは定理に近いことなのであり、今年もまた来たかなの風情なのである。

先ずは夏野菜の獅子唐辛子、パプリカ、茄子等の夏野菜を準備し、それを細かく刻んで、具の材料とした。卵を割って、そこに用意した夏の具材をいれて、用意する。

大盛りの夏野菜に対しては少々少ないくらいの卵を割って、夏野菜に絡めて、玉子焼きにした。途中で皿に取り出して反転させたのであり、その上下の焦げの様子は適度な仕様に仕上がっていた。

土用の丑の日の「うなぎ」は、立ち飲み屋にて食することとなった

本日は土用の丑の日なのであり、朝からつまりは起きて間もない時から、「うなぎ」を食べる算段を企んでいたのであった。

かつてこの日には、静岡県三島市内の専門店にて、鰻重のふくいくとして濃厚な味わいの鰻に食することができていた。過去の記憶でありそれ以上の意味合いは皆無なのではあるが、当日の鮮明な記憶に抗うことなど出来ずに記述しているのである。

されとて本日の鰻ではある。下町の鰻専門店やら、それ以外での鰻の常設、常提供的店舗を眺めてきつついたのではある。そして結局は、立ち飲み店のに辿り着いていたという訳なのである。

旬の時期の「枝豆」の恵みは甚大なり

某酒場にて「枝豆」を食した。何時でも食べられるメニューかと誤解されている向きもあるが、事実は旬のもの以外は冷凍保存されて出てきた代物であり、その豆のつややら張りやら、毛深さやら、更には栄養度やらにおいて、かなりの低下傾向を認めてしまう。つまりは旬の時期の「枝豆」以外は「枝豆」を名乗る資格は無いと云ってしまおう。

改めて「枝豆」の基本を述べると、世界の穀物市場にて超メジャー級の「大豆」の青春期の青刈りした青豆だということになる。成長して熟する大豆の前の云わば将来性を区切って、青刈りするのであるからして、カロリーやら栄養素やらとは別個の存在感が示されているのである。

この時期に青い豆をひたすら求める呑兵衛たちの行状には、暑い時期のホットな願望が憑依しているように見えてならない。つまりは、世の中の呑兵衛たちの願望を示すかのようにして、青々とした枝豆が呑兵衛たちの喉を潤している。目で見て青々とした枝豆の姿形は、夏の風物詩としての姿に相応しいのだと云えよう。

かけ蕎麦の定番「かき揚げ」を酒のつまみで食した

「かき揚げ」というメニューはおいらの好きな定番メニューであり、殊に温かい蕎麦こと「かけ蕎麦」に無くてはならない。世間一般的には「かき揚げ蕎麦」と呼ぶのだが、特に朝食にはこのメニューが欠かせないのである。

という訳なのであるが、ふとした気紛れにて、夜のいきつけの酒場にて「かき揚げ」を注文してみた。何時もの蕎麦のトッピングの代物よりは色とりどりであり、カラー的仕様といった印象哉。玉葱を基本にして、人参、ピーマン、等々の豊富な野菜の具があつられていたのであり、あまり夏の旬の食材が無かったことが不満ではあったが、それでも噛みこむにつれて食感とともに、野菜のうま味が口腔内を充満していた。


ついでにと云ってはなんだが、先日は別の酒場にて食したかき揚げメニューの「赤海老のかき揚げ」をアップしておきます。こちらも美味いことは確かだが、今回のかき揚げの味わいやインパクトには欠けていたのである。

飛騨特産の「赤かぶ漬」を東京で見かけると無性に食べたくなる

飛騨地方に旅した際に、特産の「赤かぶ漬」を食して以来、同漬物のファンになっているおいらである。飛騨特産の地域食であるから、岐阜県の飛騨地方でしか食べられないものと思っていたところ、都内の居酒屋メニューにそれを発見。早速思わず知らず的に注文していたのだった。

材料となっているのは、飛騨紅丸かぶという、根っ子や皮部分が赤いかぶの一品種だ。カットすれば中身は白く、飛騨南部の開田村付近で古くから伝えられてきた赤かぶだという。これを天然の塩で付け込むと、中身までが赤く染まってくるという。伝統的な食文化と天然の配合とが融合して存在しているという逸品なのだ。

上野の立ち飲み「カドクラ」の繁盛には理由がある…たぶん

立ち飲み店は近頃は都内の様々な場所に存在している。新宿、渋谷、上野然り。そんな中でも上野の「カドクラ」は特別な1店であると云えよう。

何処よりも繁盛している。歩道を隔てた近くには、同じ立ち飲み店のライバル「たきおか」をその人気度にて圧倒している。常に立ち飲みのテーブルが埋まっている店など、ほかに見つけようにも見付け難いくらいだ。

同店のメニューにも工夫があり、先ずはタモリがTV番組で絶賛したという「ハムカツ」だが、薄いハムを重ねてこんがり揚げるという工夫がある。立ち飲み店の主流メニューは揚げ物だが、この店の揚げ物には一工夫以上のプラスがあって、呑兵衛を引き付けているのだ。

煮こごりは魚のものだけではなく、モツにも「モツ煮こごり」があった

下町の居酒屋にて「煮こごり」というメニューを目にし、早速注文したところ、何時もの煮こごりとは風体が違うのであった。

何時もはゲル化したゼラチン質の中には魚の切れ端が混ざっていたはずのものだが、この度の煮こごりの中から透けて見えていたのは、モツの切れ端である。成程哉。魚ばかりではなくモツの醸し出した脂からもまた煮こごりが出来るのだなと、合点していたのだ。

魚の繊細な脂身のゼラチン質を凝集してつくられるものと比較してみれば、大雑把な印象が強く残ってしまう。まるで科学実験などして作られたような風情ではあり、のほほんと口に運んでいくわけにはいかないものがある。