琥珀色した浅草神谷バーの「電気ブラン」

浅草の名店「神谷バー」にて電気ブランを飲んだ。独特な琥珀色した佇まいにまずは魅了された。

昔々に新宿ゴールデン街にて飲んだ電気ブランで悪酔いしてしまったことがあった。基本はブランデーベースだというがゴールデン街のそれは違っていた。飲み方が悪かったのかもしれないという思いをずっと抱いていた。

浅草「神谷バー」の「電気ブラン」は、アルコール度30%という程の強さを感じさせぬにとてもまろやかであったのであり、添えて出された氷水の助けを借りることもなかった。

夏バテ防止の昼食には「沖縄チャンプルそば」がお勧め

昨日に引き続き、沖縄チャンプル料理の話題をひとつ。

昼のころにふと沖縄専門店に立ち寄ったらば「チャンプルそば」というメニューに出くわしたのでした。昨日の話題に引き続き沖縄パワーがおいら近辺にて充満していることを、充分に納得させる状況ではある。

ゴーヤをはじめとする夏野菜を充分に炒めてから沖縄のそば(ソーキそば)の上にかけて提出される。ソーキそばの上にゴーヤチャンプルの具が乗ったというかたち、格好となっている。

野菜がどっさりと沢山乗っていて、一目見ると長崎の「ちゃんぽん」を連想させていた。「ちゃんぽん」と「チャンプル」の関係は、今ここでつまびらかにすることは不可能だが、何らかの関連性が存在することは明らかではあり、チャンプルあってこその「長崎ちゃんぽん」なのかなと夢想していた次第なり候。

夏料理の定番「ゴーヤチャンプル」は極めて日本的な料理である

夏になって夏野菜のゴーヤが実るころから「ゴーヤチャンプル」は日本人の国民食となっている。そのルーツは云うまでもなく、沖縄の郷土食としてのチャンプル料理の歴史は長いのではあるが、今となっては日本全土に亘る郷土食と云っても過言ではないだろう。

台湾や中国本土に近いという地理的背景から、「ゴーヤチャンプル」があたかも中華料理の亜流と捉える見方が無い訳ではない。けれども決して中華の亜流では無いことを、その味わいやら食材やらが物語っている。

まずその出汁の基本が、鰹の削り節からとられていること。沖縄での肉は「SPAM」等のランチョンミート、本州等の他県では豚肉の切り身が用いられている。そしてカツオ出汁に卵とじの行程で全体が一つの料理として交わっていくのであり、チャンプル料理本来の円やかさが広がっていく。最後に削り節をたっぷりとかけて皿に盛られる。更にと云うべきカツオの底力が皿一杯に広がっていくのである。

八王子で口にした至極美味なるフランスパン

八王子駅南口の再開発事業で南口界隈は様相が一変した。ビッグカメラが入ったビルに寄り添うような現代的モダンなロータリーが中心に陣取っていて、おいらは実はあまり好きな風景として感じ取ることは出来ないでいる。

それでも度々足を運んでいると、とても魅力的な店舗等のスペースが在ることに気づいていだ。

南口を歩いてすぐのところにある「Delifrance」という店舗はフランスパンの専門店であり、フランス人観光客が大勢訪れていることを目にするくらいに本格派のフランスパン専門店なのだ。おいらが好きなのは季節の食材をトッピングした限定メニューなのだ。

シメジや椎茸、エノキ茸、等々のきのこ類が大量にトッピングされた秋の季節のフランスパンなのだった。とても柔らかい生地の中から、鮮度も満点のきのこ類が顔をのぞかせている。きのこきのこがとても美味いのだということを、ストレートにアピールしている。
フランスパンよ、侮れないとの心持ちなのだ。

■Delifrance 八王子店
東京都八王子市旭町1-17 セレオ八王子2F

夏の終わりに逸品的「鱧の湯引き」料理にありついた

まだまだ残暑が厳しいがときはもう夏の終わりである。こんな夏の終わりの時季に味わったのが、夏の季節感を漂わす鱧料理なのだった。確かメニューには、鱧の湯引き梅肉添え等とか書かれていたようだ。その味わいは繊細で淡白な独特なしろものではあり、他の高級食材等の白身の魚であってもこんな味わいは出せないのだろう。

全長1mくらい、もっと巨きいものでは2m以上はあるという巨型魚の鱧は、ウナギ目・ハモ科に分類される魚の一種だという。鰻ほど脂は乗っていないので、その栄養素については軽視されているが、実はこれがとても生命力溢れる魚の一種なのである。鱧の顔はその顎と歯の発達した形相において特徴的である。同じ魚類の中では獰猛且つ個性的な種類として特筆できるのであり、その生命力から得られる食材としてのパワーについては注目に値するものなのである。

そもそも鱧の湯引きと云うのは、関西地方ではポピュラーだが、関東地域に於いてはとても特殊なメニューとなっている。新鮮な鱧の身を湯引きする前にとても繊細な「骨切り」という調理工程を必要とする。この骨切りを上手に出来る調理人は関東地域にはあまり多くはないのだろう。だからこそ本日の鱧の湯引き料理には何時になく満足感を味わっていたのだった。

アップル勝利、サムスンに825億円支払い命令で、日本のスマホ市場も異変必至との観測

アップルが特許訴訟で勝利し、サムスンに825億円支払い命令がなされたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000014-reut-bus_all

少し前までのアップル「iPhone」ユーザーであったおいらにとっては、至極自然な成り行きに感じている。「iPhone」とその直後に発売されていたサムソン社製のスマホは、その真似事製だという印象を色濃く抱いていたのであり、訴訟沙汰の成り行きに関心は薄かったが、無関心ではいなかったのである。「iPhone」のコピー的マシンがサムソン社製のスマホであるという認識ではあった。

おいらが数か月前に購入した「Android」製ドコモの製品は、国産の富士通製ではあるが、サムソン社製マシンほどではないが、とても「iPhone」に似通っている。しかもそれを悪く剽窃しているような面が存在するのだから、おいらも国産製を購入して良かった等と安心してばかりはいられないのだ。

猛暑に痛めつけられるこの時期こそ「茄子の素揚げ」メニューで精力補強

夏の猛暑がなかなか去る様子を見せないでいる。天気予報でも猛暑は来月までは続くという。おいらの体調も先週の旅行の疲れなどが重なって、不良の状態が続いている。冷房機能との悪相性も手伝ってか、くしゃみと鼻水が絶えないという最悪の体調不良が襲っている。

こんな時には基本的体調の維持を求めて、夏には夏野菜の助けを借りることしているのであり、先ずは茄子の素揚げ料理に助けを求めていた。そもそも茄子という食材は、トマトとともに夏の代表的な野菜類であり、身体を冷やす効能が存在している。

揚げ物料理の、特に素揚げに向いているのだ。瑞々しい水分を含んだ茄子は油料理ととても相性が良く、適度に水分を吸っていく。熱を通すことにより、その身にも適度のモチモチ感やこくを付け加えてくれるのだから有難い。本日に限らず機を見ては茄子揚げ料理は口にしている。天ぷら等が身近であるが、夏の麺類のトッピングには、揚げ茄子がとても相性が良いのだ。

揚げ茄子は油を吸ってコクを出すが、決して油もたれをもたらすことなく、あっさりと調理可能なのだから、天ぷら、フライ等々の定番的料理をうっちゃって、ナンバー1の地位を確立していると云えるのである。

浅草「ニュー浅草本店」の新規邪道的メニュー

最近の職場が下町界隈にあるせいか、最近は浅草界隈に出没することが多くなっている。夜はやはり居酒屋に立ち寄って一献というパターンが常なれども、落ち着いて居られる居酒屋は多くは無い。「ニュー浅草本店」はと云えばまさに落ち着いて酒が飲めて食事が出来る縄張りではある。

そんな「ニュー浅草本店」の新規メニューというものの中に「油揚げの和風ピザ」というのがあったので注文してみた。既に同店にはお餅のピザなるメニューが大手を振るっておりそんな邪道的メニューの一種なのだろうという予感はあったのではある。敵の術中に入りこむような気分にて、このメニューを注文したのだ。

やはりというのか、食してみたものは邪道的メニューの一種であった。お餅のピザ以上に安易なものであったのである。お餅のピザはお腹にたらふく感を満悦させてとてもハッピーなのだが、そんなハッピー感も味わうことが出来なかったのである。お外れ的メニューの一つではある。

本日にて営業を終止する「セブンイレブン」の店内

地元の某「セブンイレブン」に立ち寄ったところ、本日の23日23時にて閉店のアナウンスがなされていた。陳列されていた商品は店内を見る限り4分の1程度かそれ以下に縮減しており、いつものセブンイレブン店内とは様相を一変させていたのである。商品の乗っていない陳列棚は、あたかも商店がシャッターを閉じた商店街の光景がだぶって見えた。セブンイレブンと云う流通界のガリバーがこのような店舗の閉鎖に追いやられる、其の背景について思いを巡らせていた。

「明日葉の胡麻和え」をつまみに一献


途中下車した武蔵小金井の「百薬の長」では「明日葉の胡麻和え」というメニューが踊っており、早速此れを注文した。

若々しい生命力溢れる明日葉のお浸しに、胡麻の奥深さが加味されて、一食で二度美味しいというくらいに嬉しい味に仕上がっていた。

またいつかこの味を求めて「百薬の長」に立ち寄る予感が大なのであった。

■もつ焼き百薬の長
東京都小金井市本町5-12-15