映画、DVDの「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」は、身につまされることが大なるリアル的感動作品だった

映画、DVDの「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」は、身につまされることが大なるリアル的感動作品だった。

2010年10月に映画公開された作品をDVDにて視聴した。

{酔いがさめたら、うちに帰ろう。}公式サイト
http://www.yoisame.jp/ {酔いがさめたら、うちに帰ろう。}公式サイト

原作は戦場カメラマンの鴨志田穣氏。あまりキャラがみ合わないとも思ったが浅野忠信氏が良い味を出して演じている。もう一人のドラマ上で重要な立場を占めているのがお相手こと元妻の西原理恵子さんであり、こちらは永作博美さんが演じている。キュートさが多分元妻の上をいくが、これまた良い味付けが満載である。

鴨志田穣氏による原作本は相当以前に購入しており、所々は立ち読み風に読んでいたのではある。だが映画作品となった{酔いがさめたら、うちに帰ろう。}は、もっとずっとシリアスに主人公のアルチューを追い詰めていく。

これ以上話のストーリーに触れるとネタバレ的なことにもなるかと思うので控えるが、原作本以上にシリアスなアルチュー患者の現実が浮き彫りにされていくのである。

「豚足煮込み」はコラーゲンだけでなく、天然軟骨成分のコンドロイチンが豊富

近頃では居酒屋メニューとしてもポピュラーになりつつある「豚足」を、柔らかく煮込んで調理したのが「豚足煮込み」である。おいらも大好きなメニューの一つだ。

女子系メニューとして人気が高いのは、コラーゲンが豊富だということであり、これを食べた翌日には肌がピチピチとして潤ってくるという、ある種の都市伝説的流行のアイテムとなりつつある。

だがおいらはこの「豚足」に関する栄養価に対して、コラーゲンではなく軟骨成分の「コンドロイチン」に注目しているのだ。豚足のプルプルっとした食感は、骨と骨の間に存在する軟骨成分によってもたらされているところが大なのである。

年齢の進行とともに、ひざ軟骨がすり減っていき、それが進行するとひざ痛を惹き起こしていく。おいらも実はダイエットする前の一時期の肥満期には、階段を登る時などには、ひざ痛を体験したことがあった。当時はその対策としてサプリメントの「グルコサミン」や「コンドロイチン」を摂取していたものである。ちなみに「グルコサミン」と「コンドロイチン」は共にひざの軟骨成分を補強する栄養素であり、両者を共に摂取することにより効果を増すとされている。

本年春頃からのダイエットに成功してからは、ひざ痛を感じることは稀になったが、軟骨成分を含む「豚足」は、時々食して、予防的にも味わっているのである。

秋鮭の味覚にほっこり満足の「石狩鍋」なのだ

歳月の流れと共に寒さを感じるこの頃、やはりほっこり温まるのが鍋料理である。本日は秋鮭を主食材にした「石狩鍋」を食したのだった。

火に掛けた直後に鍋のふたを開け、刺身でも食べたいくらいに活きの良いピンク色した鮭を目にして、食欲はいや増していく。生の鮭を使うのが本来的に北海道の石狩地方で食されてきたレシピではある。しかしながら、昔からおいらの家では塩鮭の切り身を用いていたものだ。生鮭は流通量が少なくたとえ出くわしたと雖も、高価で手が出し難かったのである。久々に口にした本場石狩地方仕込みの鍋で、ほっこりと温まることが出来た。

白味噌仕立てのスープに、生鮭の切り身、ネギ、白菜、豆腐、ほうれん草、そしてじゃが芋がぐつぐつと煮込まれる。鮭の身はぐつぐつと煮込まれたことにより甘さと香りを増しているようだ。

ところで、具にじゃが芋というのはあまり見られない食材ではあった。ぐつぐつと煮込まれた他の食材を食い終わった後で、ほっくりのじゃが芋を口にしてみるとまたこれが美味だったのだ。

とにかくも北海道の鮭の味覚にほっこり満足の逸品なのだった。

日本にはどうして「みどりの党」等の健全な第三極が育たないのだろうか

本日朝のTBSTV番組「サンデーモーニング」では、石原慎太郎の都政投げ出し会見に対して、河野洋平氏がとても良いことを語っていた。

―――(http://dametv.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-7084.htmlより引用)

河野洋平氏「 (笑)僕はね、あの辞職の記者会見を聞きましたけどね、もう非ーー常に不愉快でしたね。「諸般の事情に鑑みて辞める」って、諸般の事情って一体何なのか?あれ聞く限りね、自分の都合ですよね。もう自分がここが最後のチャンスだと思うから、都知事のほうは辞めて、国政やると。言っているように僕には聞こえました。

そしてねぇ、あのー、色々仰っるけれども、もう一方的に『アレはダメだ。コレはダメだ』と。自分の意に沿わないのは『アイツはバカだ』と。もうどうしてあんな立派な小説を書く方がね、ああいう、、その、話をする時には、あんなに口汚くね、罵るか。

もう少し、都知事の会見てのはちゃんとした言葉で、ちゃんと相手の立場も考え、自分の主張も冷静に述べるという事が何故できないのか。

だから私は、やっぱり人間的に相当欠陥があるんじゃないかという風に、私は思いましたね。ええ。」

河野氏「あれはつまり、永年勤続25年の表彰を院議を以てするってんで、みんな本会議場に集まっている時に『俺は辞める』とこういうわけですよね。(あれは何ですか?:関口) なんかあのー、あの時の演説を見ると、何やってもみんな上手く行かないから、あの『ダメだ』と、、『みんーなだらしがない』と。なんかあのー、あのー」

―――引用終了

おいらが抱いている思いのだいぶの部分を河野氏のコメントが代弁していたという思いではあった。

そしてたしかその後で、河野洋平氏は、石原や橋下が目論む極は本来の「第3極」では無いのだと喝破したのだ。この見識はとても素晴らしく端倪すべからざるものではあった。

そもそもと云えば石原や橋下が目論む「第3極」とはいんちき的出鱈目極まる政治集団に過ぎないのである。こんなものが本来の「第3極」である訳がないのである。こんな代物がマスゴミの餌になっているのであるからしてマスゴミの現状は異常的状況である。

本来の「第三極」とは、「反原発」の運動を展開する集団の代表者たちであり、例えばヨーロッパに於ける「みどりの党」的なものであるべきだと、河野氏は語っていたが、まさしくそのとおりなのである。

これまでおいらは、河野洋平氏に対して、自民党の総裁まで担った自民党的政治家の一人として評価の埒外に考えてはいたのだが、「みどりの党」的な政党の誕生を願うことと共に、ここにきて河野洋平氏をとても評価しておきたいと考えるようになっている。

もちろんのことおいらの所属が「みどり企画」であることとは全然関係はないのだ。

とても噛み応えある「クジラベーコン」の食感に酔う

先日「クジラベーコン」を食した。かつての日本ではよく食された保存食だが、おいらにとってはとても新鮮な味覚に魅了されていた。一言で云えばクジラの肉を塩や砂糖で漬け込んだ保存食であり、戦後の一時期はクジラ料理としてポピュラーであったと聞く。浅草の某料理屋のメニューでこれを味わうことが出来たのだった。

クジラの肉は、「畝部」と呼ばれる分厚い脂肪部と「畝部」という赤身の筋肉部に大別される。この赤身と白身の2種類の食べ比べも嬉しい。脂肪部はやはりいかにも脂肪の塊に見え、身体に良くないであろうが、牛や豚の脂肪部位に比べれば単に脂肪の塊と呼ぶには相応しからぬ、とても味わい深いものがある。

短冊切りされて盛られたその身は、口にすれば、とても噛み応えのある独特な食感が食指をそそるのだ。いつも以上にホッビーも進み、新たな味覚体験に酔っていたのではあった。

東京都政を投げ出した、或いは利用した石原慎太郎の見識を疑う

昨日夕刻の所謂「東京都政投げ出し」会見を行った石原慎太郎に関するニュースで、本日のマスコミはジャックされている。悪い冗談がマスコミニュース媒体を通し糞尿的に垂れ流されているという感を強く持つ。改めて彼への都政投げ出し会見に対しては、強い憤りを禁じ得ない。

あれほど大々的に公言をし、招致への甚大な予算を使った「東京オリンピック」はどうするつもりなのか? 或いは、築地の市場移転問題は解決できるのか? 等々、その無責任さは度を越していると云えよう。石原慎太郎に対しては一度も政治的に支持したことの無いおいらがこの思いなのである。何遍も支持してきた東京都民に対して、国政がどうのこうのという言い訳は決して成り立つ訳など無い。

更に悪質的冗談のたぐいが、国政進出云々のくだりである。自民党議員として活動していたときに「総理」の目がないことを知って、自ら国会議員を辞職した慎太郎は、以下のように述べている。

―――以下公式サイトから引用

日本のことを「国家としての明確な意思表示さえできない、さながら去勢された宦官のようである」と断じた。そして「現在の政治に対する国民の軽蔑と不信はまさに自分自身の罪科である」と自らの非力さを詫びたのだった。

―――引用終了

慎太郎の自尊的ふるまいは昔からのことであり驚かないが、侮蔑の言辞をはなったまさに国政への偏執的執着を抱き続けてきたこと、そしてこの期におよんでの中央政界復帰宣言であり、こんな出鱈目な慎太郎の見識は異常である。そしてこのタイミングはまさしく橋下「維新」利用による総理の座への偏執的腐りきった野心なのであり、こんな人間が総理になった日の我が国の将来がまさに暗澹としたイメージとして現実化しつつある。

野田佳彦のおかげで未だに品薄の「ドジョウ鍋」を食らったのだ

ドジョウ総理こと野田佳彦のおかげで、都内の飲食店にはドジョウ料理を提供する店が相変らず少ないのだ。高級店やらドジョウの専門店が独占している状況が続いている。詳細については判らないが、ドジョウの仕入れ値も高騰しているらしい。

そんな状況の中で先日は、ほとんど偶然的に「ドジョウ鍋」にありつくことが出来たのだった。結構大きめの土鍋に、ドジョウ、ゴボウ、豆腐、小ネギ、等々が極和風的に調理されていて、久々にその泥くさく骨くさくもあるドジョウの美味さを味わっていた。

骨くさくもありつるっとしている特異な食感は、まさしくドジョウならではである。その存在感はと云えば、薄っぺらい政治的言語を撒き散らす野田佳彦如きの比ではない。野田佳彦の言葉は聞くたびに飽き飽きするのに対して、ドジョウの料理は、口にするたびに新鮮な感動に囚われる。こんな差異が有するのに自分をドジョウになぞらえた野田佳彦などは、ドジョウ以下の生物である。

角田美代子こと女鬼畜に篭絡された男達の哀れ

兵庫県尼崎市における角田美代子による猟奇事件に関して、長男の卒業と引き換えに辞表を提出したという中学校長のコメント、関連記事がニュースの的となっている。

身内やかなり遠い身内的家族に対してほとんど不条理的な因縁をつけて、当該家族を崩壊に導いたという、角田美代子こと女鬼畜に対しては、当初は?と云う思いが蔓延してはいたが、やはりこのようなことは起こり得るのだということを認識している。

女鬼畜のターゲットとされた人間達は、此れ以上ないくらいの不条理的な哀れを感じ取っている。

「君子危うきに近寄らず」といった故事諺が、未だ生きていることを思い知っていた。

「週刊朝日」の敗北は、もしかしたら週刊誌業界の敗北の予兆なのかも知れない

本日発行の「週刊朝日」誌上冒頭にて、「おわびします」と題された大仰どころかな一文が掲載されている。同誌の「ハシシタ 奴の本性」の記事に関する、橋下徹大阪市長および関係者に対して全面的なおわびを表明している一文である。

橋下徹が当該週刊誌発行の「朝日新聞出版」を差し置いてその親会社である「朝日新聞社」に攻撃の矛先を定めたことには彼流の理由があるのだ。色々と彼流の説明が報道媒体を駆け巡っているが、つまるところは、メジャーの朝日を篭絡すること、これか゛目的だと思われる。

ひとつの仮定の話としてもし橋下が「週刊朝日」に抗議のターゲットを向かわせていたらば、おわびはおろか、遺憾の表明もされることなく法廷へと持ち越されていたのであろう。「週刊文春」「週刊新潮」等々の出版社系週刊誌が辿る常識的なルートである。

だが橋下はこれを嫌って、週刊誌発行元の親会社をターゲットにしてしまった。その理由は橋下が会見で語っているように、100%子会社の親会社が朝日新聞であるということのようである。

親会社が子会社のあれこれに責任を持つべきという常識論を超えて、橋下は攻撃を強めている。

もはや「週刊朝日」はもとより親会社である「朝日新聞」紙上にては、橋下徹への公正的批判記事は求めることができぬのである。そして他の読売、毎日、等々の新聞媒体に対しても同様の思いを強く抱いてしまう。

この現象は、ただ単に「週刊朝日」がひよって謝罪してしまったということ以上の、未来への禍根を記してしまったということなのだ。朝日以外の週刊誌のこれからを注意深くウォッチしていこうとかんがえているところだ。

ほろ苦を超えて苦み走った、人参の葉のお浸しに舌鼓なのだ

吉祥寺の八百屋にて、葉付きの人参を購入したのだ。根っこのところの人参の背丈を超えて伸びていた人参の姿形に魅了されたからではある。

元々人参には葉が付いているのだが、スーパーやほとんどの八百屋にて出ているものは葉をそぎ落とされた代物ばかり。根っこのところの人参が、ほぼ我が国にては常識的な「人参」の姿形なのではあろう。そんな常識を打ち破る姿形を、この葉付きの人参に見出していた。

先ずは人参の葉を茹でて、お浸しにしてみた。葉の部分にも硬い茎があり、その茎の部分はとても硬くてとても食用には適さないと見えていたので、油で炒めてラーメンの具にしたのだ。

残った人参の葉のお浸しを口にすると、ほろ苦以上にインパクトのある苦みが口腔を襲っていた。今では全国的ポピュラーな食材ことゴーヤを凌駕して、更に心地よい刺激でもあった。苦み走った野菜の筆頭的な存在ではある。

ほろ苦を超えて苦み走った、人参の葉のお浸しに舌鼓なのだった。