下仁田産「下仁田ネギのかき揚げ」は、上州ならではの逸品メニュー

simonita01

simonita02

上州に帰省するたびに食べたくなるのはと云えば、地元下仁田産の下仁田ネギ也。今回はそんな下仁田ネギのかき揚げ天麩羅にありつくことになった。

当ブログで何度も紹介しているが、上州下仁田産の下仁田ネギとは、他の品種のネギに比べて見た目は、幹が太くて身が短い。生食や薬味としてよりも、天麩羅や鍋の具材やらにて特に存在意義を増すという、個性的なネギの品種である。そしてなによりも存在感が他を圧倒していることが、最大の特徴である。

食べた「下仁田ネギのかき揚げ」は、青ネギ、白ネギとそれぞれの部位の甘味や辛味をしっとりと味わせてくれた。ボリュームがあって辛味、甘味の夫々のバリエーションも愉しめる。上州ならではの逸品のメニューのひとつであった。

海老不信の昨今に「アカ海老」の寿司を喰らう

akarbi01

海老不信の昨今に居るなかで「アカ海老」という寿司だねにありついたのだ。生で食する食感を満たすようであり、ぷりぷりしすぎず、新鮮なる海老の甘味に魅せられていた。

高級中華料理店にて食材偽装事件が相次いでいるおかげで、海老料理に接するたびに、この海老は本物か否か? 偽装食材か否か? 偽装の手口は? 等々の猜疑心が湧き上がって仕方がない。中華料理の業界にとどまらず、大きな海老は「大海老」、小さい海老は「小海老」と表記して逃げているという外食産業の現状が垣間見れる。小さな海老が芝海老なのかバナメイエビなのかの違いは、食の素人こと大勢の一般人にとっては判別しがたい。さらにブラックタイガーと車海老の違いなど、調理皿に乗った料理を見て判別がつくものではない。そんな素人の弱みに付け込んだ食材偽造なのだから、極めてたちが悪いと云わねばならない。

アカ海老とは車エビ科に分類され、赤褐色の体色が特徴である。赤褐色の殻をむいてみると、白く身の締まったエビの身が現れる。これがコリコリしすぎずにエビの甘味をダイレクトに舌に伝わるのである。中華のエビ料理がつまらなくなる。やはり海老は生で食するに限るのである。

求めていた「ピカビア展 FRANCIS PICABIA」の画集をゲット

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
先日は「ピカビア展 FRANCIS PICABIA」の画集をゲットしたのだった。フランスの画家、フランシス・ピカビア(FRANCIS PICABIA)の画集を、思いがけなく地元の古書店にてゲットしていた。1999〜2000年にかけて我が国で開催されていた「ピカビア展」の作品をまとめたものである。

ピカビアとは、20世紀芸術家の巨頭ことパブロ・ピカソと比べては2年程前に生を受け、前衛芸術家としてキュビズムやダダイズムの影響を多大に受けた後に、独自の展開を遂げた、希有な作家であった。

おいらもフランシス・ピカビアには以前から特別に注目し、影響をも受けていたが、なかなかまとまった作品世界に接することがなかったのである。今回は地元の足繁く通う古書店で同書をゲット出来たことは、近頃における行幸のひとつと云って良いのだろう。

画集の中には、修業時代のものから始まり、キュビズム、ダダイズムの影響を受けた後の様々な作品群がまとめられている。ピカビアの個性が光る作品群についても「怪物の時代」「透明の時代」「模索の時代」「具象の時代」「抽象の時代」とそれぞれにマーキングがされてあり、とてもアグレッシブにスタイルを模索していた作家の苦悩を見て取ることが出来る。スタイルというのは一過性のものであり、つまりは生涯をかけて様々な試みにチャレンジし続けていたアーティストの指標を見ることが出来る。

そして、ピカビアの魂に通ていしていたテーマはといえば、人間存在だったのではないかと思うのである。人間存在がアートのテーマにあり続けている。このことが画集全体から浮かび上がって来る。様々な肉体的表情から、喜怒哀楽全ての人間存在の表情が浮かび上がって来るのである。

ピカソやダダイストたちの影響を受けながらも、自らのスタイルを模索して作家活動を継続していたピカビアの作品を観るにつれて、アートはスタイルを超えること、スタイルを壊すことから成り立っていることを再認識させていたのである。

澄みきった「牛筋煮込み」のスープは絶品だった

suji01
一般的に「煮込み」という料理には「もつ煮込み」と「筋煮込み」が双璧をなしている。おいらの好みはといえば筋の煮込みの中でもとりわけ「牛筋煮込み」ということとなっている。

牛筋とはアキレス腱の部分や腱がついた肉の部分を指しており、にはゼラチン質が豊富に含まれており、脂身は少ない。ホルモンの部位とは異なり、あまり小売店のショーケースには並ぶことが少ないと云う。専門店での調理法が映える部位なのである。名店の「牛筋煮込み」は、ほぼ飲兵衛たちの支持によって長い命脈を維持しているのだと云っても良いのだろう。

余計な調味料を含まない澄み切ったスープの中には、清々しいくらいの煮込まれた牛筋の姿があった。そんなスープの中には大根の姿が待ち受けていたのであり、おでんの具としては贅沢過ぎるくらいの大根おでんを味わうことが出来たのである。

コンタックスGシリーズレンズ「CONTAX Sonnar T* 90/2.8」は、デジタルでも良好の味わい

contax3

contax2contax1

クラシックなフィルムカメラとしておいらが愛用している1台が「コンタックスG1」だ。一眼レフカメラとは対極をなすレンジファインダーカメラであるが、徹底的に電子化を図った機種として特筆される。主にスナップ的撮影には最適なフィルムカメラである。

開発発売元は京セラという日本のメーカーではあるが、コンタックスのブランドは、ライカと双璧をなす、ドイツのトップブランドであり、とりわけ「ツァイス・イコン」としての秀逸なレンズ群によって世界屈指の支持を得てきている。「CONTAX Sonnar T* 90/2.8」とはそんなツァイス・レンズの中のひとつとして未だに写真関係者たちの注目の的となっている。

普段使いのオリンパス製のデジカメにこの「CONTAX Sonnar T* 90/2.8」をセットして撮影してみた。使用したのは、コンタックスGマウントのレンズをマイクロフォーサーズのカメラにセットさせる「KIPON」社製のアダプタである。その結果としてのところ、ツァイスレンズの想像以上の味わいが秀逸であった。アナログ的レンズの珠玉としての「ツァイスレンズの」は、デジタルのカメラと交じわうことにより其の一層の存在感を示していると云ってよい。

アナログ的なふわっとした描写ながら、その描写力はデジタル世代のレンズに決して引けを取らない。程よいコントラストと色彩再現性の高さは目を見張るものがある。普段使いのオリンパスやニコン製レンズでは表現出来ない味わい深い表現を、このレンズが可能にしている。

久しぶりに「タコの唐揚げ」の味に舌鼓

takoage01

近頃では時々は食らうこの「タコの唐揚げ」というメニュー。食感は生タコ、茹でダコよりも弾力がありもっちりしていて悪くない。しかも柔らかくもあるが、タコのもっちり感はそのままに残されているので、特別な食感を愉しむことができる。
注文して周りを見渡すと、隣のおやじは鶏の唐揚げを食っておった。鶏唐揚げこそはおいらも幼少の頃よりポピュラーであり栄養価が高く、文部科学省推薦のメニューだろう。
普通に調理して揚げた鶏の唐揚げはほとんどが、不味いはずが無いくらいに旨い。
鶏肉に代わるくらいにこのメニューが普及することはあり得ないということは明らかなのだが、それでも「タコの唐揚げ」のメニュー促進についてはこれからもっと気合を入れてアピールしていかなくてはならないということが云えよう。
そもそもタコを唐揚げにするという料理は、おいらの田舎には無かった。それどころかおいらが上京し、東京の都会の垢に染まりつつも都会生活の中で溺れていた時期においても食べたことは無い。
このメニューが全国的に注目を浴びたのはおそらく、菊正宗のCMであったのであろう。
生かあるいは茹でたタコを食するのが通常の市民の慣わしであった時分に、いきなり変梃りんなメニューがブラウン管を席巻していたのであり、驚きであった。

中野区沼袋のやきとん専門店「やきとん たつや」のやきとんで一献

たつや1たつや2たつや3

西武新宿線の沼袋駅で途中下車。中野区沼袋のやきとん専門店、やきとんが美味いと評判の店舗「やきとん たつや」で一献傾けていた。一本一本の串焼きを炭火で丁寧に焼いている様を眺めているときから、期待を裏切らず、評判通りの専門店ではあった。

カシラ、タンと云った定番ヤキトン串焼きを食した後には、里芋やタマネギやその他のユニークなメニューを注文していたが、概ね期待に違わぬ味わいであったのだった。

西武新宿線界隈には、隣駅野方に「秋元屋」があるが、「たつや」はその兄弟店か弟子店か舎弟店かの店舗らしい。だが然しながらたつやが劣っているということではないのだ。モツの素材の鮮度は秋元屋に歩があるが、意外なネタを使って炭焼きにして提供するユニークさ、面白さ、勉強熱心さにおいては秋元屋を凌いでいるのだ。また再訪したくなる店なのだった。

■やきとん たつや
東京都中野区沼袋3-27-6 1F
03-5942-9986

解禁されて間もない「ボジョレヌーボー2013」を飲み干した

beaujolais01

beaujolais02

先日11/21に解禁されたばかりの「ボジョレヌーボー2013」を、今宵は飲み干していたのだった。今年のボジョレの産地のブドウは天候に恵まれ成熟したブドウがとれていたということであり、例年にもなく良質の風味豊かな「ボジョレヌーボー」が出来あがっていたということである。

スーパーを訪ねるとやはり「ボジョレヌーボー2013」のコーナーが設置されており、数年ぶりに購入して飲んでいた。おいらは毎年飲んでいる訳ではないので例年のボージョレとの比較はできないが、久しぶりに口にしてみたボージョレは、スカッとしてフレッシュなブドウの風味が体験できて、特別なるワインであることは間違いないのだった。

群馬で地産地消的「下仁田ネギの鍋」にほっこり

neginabe01

neginabe02

故郷の上州こと群馬に帰郷する機会が多いのだが、思いがけなく「下仁田ネギの鍋」という逸品的メニューにほっこりと温まったのだ。鍋の具には上州下仁田町地域特産の下仁田ネギを中心にして、豆腐、油揚げ、そして麩といったシンプルな取り合わせ。

和風出汁によって煮込まれたその鍋料理はあっさりとしてしかもネギの風味がたっぷりと漂う逸品的メニューであったと云えよう。

おいらもこれまで、下仁田ネギが鍋の主役になるなどとは考えたこともなかったのだが、この「下仁田ネギの鍋」を食してみて、はじめてその事実、下仁田ネギが歴とした鍋の主役に相応しいということを理解したのだ。

それは例えば都内に流通している一般的なネギに加えて深谷のネギや京都の九条ネギ等々と云ったブランドネギにも成し得ない存在感を、下仁田ネギが持っているということなのだ。多品種ネギのように薬味としての使用以上にネギ自体の存在感を有しているのが下仁田ネギである。

他の品種に比べて極めて太く、加熱すれば甘みが増して出汁の味を吸収するといった下仁田ネギ特有の効能が生きたとても逸品の鍋料理なのであった。そしてこれはまさしく地産地消的なメニューだったのである。

2014年版のスケジュール手帳を購入

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
年の暮れを意識するこの頃になると、文具店や書店には「手帳コーナー」がお目見えする。少し早いとも思えるのだが、コーナーで手に取っているうちに自然な流れで2014年版手帳を購入したのだった。数年前からずっとダイゴー社製のシンプルでコンパクトなタイプを使用していたが、今回14年版は、少し大きめ文庫本サイズの表紙カバー付きのものを選んでみた。文庫本を持ち歩く癖がついているおいらにとってはなじみ深いサイズである。TVCMでもおなじみの有名な高橋書店製の代物だ。

この手帳の中身の基本的スタイル、基本的仕様はと云えば、月間及び週間のスケジュール記入欄が主を占めているということだ。シンプルに1週間のスケジュール記入欄が基本に置かれている点が何よりの好意的ポイントだ。これについてはもう10年以上同様のスタイルを選択している。

スマホやパソコンでも出来るが、やはり毎日の予定確認やスケジュール管理、スケジュール作りにアナログの手帳は欠かせない。明日の為に欠かせないアイテムのひとつではある。