思いの外にグッドなる「カレイの子持ち煮付け」

karei01

白身魚の中でもポピュラーなのがカレイではあり、たとえば高級魚のヒラメと比較して、ポピュラーであることが評価的低位に甘んじているようであり、それは極めて不条理であることをここにリポートしていくのである。

カレイの煮付けには、カレイの魚卵の煮付けが添えられている。でありの「子持ち」であるのだが、しこしこのカレイの魚卵はとても風味抜群である。思いの外にグッドなのである。

思いの外にグッドなる「カレイの子持ち煮付け」なのであった。

「鶏皮餃子」は手羽餃子より確かにいけたのだ

torigyoza01

「鶏皮餃子」というメニューを食したのだった。

メニュー表を一見したところでは「鶏の手羽餃子」なのだろうと早合点していたのだが、よく見たところ手羽餃子ではない。手羽餃子はある種ポピュラーなメニューになりつつあるが、おいらはこれが中々合点がいかぬ、邪道的メニューとして捉えているところなのだ。

それにひきかえ出されていた「鶏皮餃子」は多分はじめて食する代物だったが、当初の予想以上に美味しくいただいたのである。

先ずとりあえずは口にしたところ、照りの利いた鶏皮の食感は、コラーゲン的潤いを彷彿とさせる味わいなのであり、軽く噛み切れるほどの弾力がナイスである。ナイスナイスを何度も口にしたくなるくらいにぐいっとくる。噛み切った奥には馴染み深い餃子のあんが待ち構えていた。

「コの字酒場案内」でみる「コの字酒場」の特別な魅力

[エラー: isbn:9784897377339:l というアイテムは見つかりませんでした]

「コの字酒場案内」という本を読んだ。呑兵衛向けの酒場、居酒屋案内の書物であり、サブタイトルには「厳選! コの字カウンターのある酒場ガイド」とある。東京都内の「コの字」に設定された酒場、居酒屋を紹介しつつ、その独特の魅力について言及しているのだ。

「コの字」のカウンターと云えば、コの字の外側には酔客が並び、中では店主をはじめ酒場関係者が注文を受け付けていると云った光景が目に浮かび、古き良き酒場の伝統を今に引き継いでいるとも云うべき、象徴的存在である。

酒場のマスターはじめスタッフ達との密接で適度な距離感において向かい合い、客同士のコミュニケーションもとりやすい。そんな酒場のことを「コの字酒場」と命名している。此のカウンターにスポットを当てた同書の切り口には、流石の命名的センスを感じ取っている。

加藤ジャンプと名乗る同書の著者は、「コの字酒場探検家」を自称し、四半世紀にわたってのコの字酒場歴を経験するという猛者である。おいらも翻って考えてみれば、四半世紀以上にわたってコの字酒場には入り浸っていた呑兵衛の一人であることを、改めて思い至ったという、有り難い一冊でもある。

今年の「ワカサギ」も絶品の苦味と野趣性にうっとり

wakasagi01

大衆居酒屋にて「ワカサギの天ぷら」を食したら、また今回もという季節の味わいにうっとり。寒い湖底の中に生息するワカサギの姿は、その苦味とともに絶品の味覚を届けてくれる。

おいらの出身地の上州群馬県ではこの時期になると活き活きとしたワカサギ料理が目に付いてくる。上州のみならず東京都内の居酒屋でも、このワカサギ料理がポピュラーになったことは甚だ喜ばしいものではある。

このワカサギも多分、上州の榛名湖の湖底に生息していたものたちであろうという想像をたくましくしつつ箸を運ぶと、湖底のエキスさながらの苦味のエキスが口腔内を取り囲むように広がっていくのだ。

自家製の「きりたんぽ鍋」でほっかほかなのだ

kiritanpo01

kiritanpo02

自家製の鍋といえば、おいらのところでは例えば「湯豆腐」「キムチ鍋」「寄せ鍋」というものたちがポピュラーだったが、今宵は少々赴きを変えて、「きりたんぽ鍋」をつくって食したのだった。

近くのスーパーマーケット店にて、きりたんぽの具のもりあわせを買い込んで、おそらくは初めての自家製的「きりたんぽ鍋」にチャレンジということになったのである。

自家製の「きりたんぽ鍋」でほっかほかなのだった。

川上弘美さんの傑作長編小説「真鶴」を読んだ

[エラー: isbn:4163248609:l というアイテムは見つかりませんでした]

川上弘美さんの長編小説「真鶴」を読んだ。

東海道線に乗って熱海の2つ手前の駅で降りると、真鶴港に向かう岬道が延びている。この小さな町が物語の舞台となっている。主人公の女性こと京は、夫に失踪されて12年が経つ。そしてあるとき元夫の書き残したメモに「真鶴」とあるのを発見し、真鶴への旅を繰り返すことになる。

「歩いていると、ついてくるものがあった。」「またついてくるものがある。」等々といった記述により、はじめはミステリー仕立ての物語かと思ったら、そのあと簡単に裏切られていた。夢かうつつの主人公に語りかける女の存在は、夫を奪った愛人なのか、或いは彼女自身の分身なのか…曖昧なままに、緩く進んでいくのだが、決してその流れは煩わしさもなく、かえって心地良さに満たされるかのようだ。

主人公の京には、現在進行形の愛人とも呼ぶべき編集者の青磁という男がいる。何回目かの真鶴訪問には、二人で訪れてもいる。過去と現在進行形との愛欲の交わりが、ストーリーに緊張感を生じさせるが、そんな設定も、物語を大部を占める緩やかさにとっての、脇役的な設定でしかない。

ぽつりぽつりと、言葉がこま切れに繋がっていくような、独特な言い回しもまた、物語をいっそう個性的な世界として浮かび上がらせるのだ。

文学評論家としての吉本隆明氏によれば、言語には「指示表出」的要素と「自己表出」的要素が存在しているとされる。当作品「真鶴」はまさに「自己表出」的要素の横溢した文体により創造でされた傑作である。他の作家の誰とも異なり、おそらく川上弘美さんの以前の作品にも無かったであろう、極めて純度の高い文体にまで昇華されている。その結果的に「指示表出」的な部分は影を薄くさせ、曖昧さが立ち上るのであるが、この香りこそが物語独特の風味となっていて、読者を魅了させていくことを感じ取らずにはいないのだ。

田中慎也氏の「共喰い」文庫版が発行。瀬戸内寂聴さんとの対談が面白い(2)

[エラー: isbn:9784087450231:l というアイテムは見つかりませんでした]

昨日の、文庫版「共喰い」に関する記述の続きである。田中慎也氏による芥川賞受賞作の「共喰い」は、田中氏の日本語に対する稀有なる扱いの妙というものが見て取れるのであり、これは瀬戸内寂聴先生も認める才能である。然しながらに、小説家には扱うジャンルの向き不向きということが厳然として存在し横たわるのであり、田中慎也氏は、どうも恋愛ものを苦手としているようなのであり、寂聴先生もそんな田中氏に対して、愛情のこもったはっぱをかけているのだと、おいらは感じ取っていたのである。恋愛はもっとしなさいだとかいう寂聴先生が語った語感の端々にに、そのことが見て取れるのである。

芥川賞作家、田中慎也氏の文庫版「共喰い」が発行。瀬戸内寂聴さんとの対談が面白い

芥川賞作家、田中慎也氏の受賞作こと「共喰い」の文庫版が、角川書店の集英社文庫より発行された。

[エラー: isbn:9784087450231:l というアイテムは見つかりませんでした]

単行版の書籍で同作品を読んでいたおいらは、この文庫版を購入することはしなかった。けれども後書きにて記されていたところの、瀬戸内寂聴さんとの対談頁にはすこぶる興味をそそられており、立ち読みにて読了したのであった。

当対談の実現は、作家の田中慎也氏が瀬戸内さんとの対談を希望して実現したという流れである。

内容の大部分については、「源氏物語」に関するやり取りでしめられている。天皇になれなかった光源氏が色恋沙汰の恋愛に没頭することかできたという、田中氏による独自の分析が開陳され、それに対して瀬戸内さんが軽く受け流しつつ、芥川賞作家の恋愛観なり女性観なりについて、縦横無尽に突っ込んでいるという箇所がすこぶる面白い。

春を前に味わった「ワサビ葉着け」は鮮度抜群

wasabiha01

wasabiha02

綺麗な水で育成されるワサビは、一般的に食用にされる地下茎の部分以外に、葉の部分が所謂「ワサビ葉」として食される。春の味として定着していたのだが、春を待たずに漬物として味わうことができたのだった。

控えめの醤油にて漬け込まれていた「ワサビ葉着け」は、その独特な香りが強くて、辛さや激烈な刺激以上に、新鮮な春の味覚が横溢している。春を前に味わった「ワサビ葉着け」は鮮度抜群だったのである。

根っこの部分のワサビは葉の部分に比べて辛味的刺激度は低かった。地下茎として育つ前の部位ではあり、意外性に吃驚していたものではある。

「爆裂!アナーキー日本映画史1980-2011」には、本音版的日本映画ファンの思いが凝縮している

「爆裂!アナーキー日本映画史1980-2011」を読んでいたのである。インパクト強く、編集スタッフの思いれぎっしりの一冊ではあった。

[エラー: isbn:9784862489920:l というアイテムは見つかりませんでした]

表紙には若手有望株の浦島ひかり主演映画「愛のむきだし」のスチール写真で構成され、最初の扉ページには、「幻の湖」で疾走する南條玲子さんの写真がアップにて踊っているのだったのであり、このスチール写真にはいささかおいらも興奮の思いを禁じえなかった。これはまさに日本国のメジャー映画界のおきてやしきたりに反している。のみならずに、我が国の映画愛好家たちとは一線を画する評価基準が見えており、非常に面白いのである。

我が国の映画愛好家としてピックアップするならば、例えばネット掲示板界の第一人者として一世を風靡していた「赤煉瓦掲示板」主宰者の今井正幸氏は、たしかおいらとの掲示板上のやり取りの中で、「幻の湖」を観たことがないと語っていたのだった。こんな実験的意欲的作品を、こともあろうに映画マニアを任ずる今井氏が見ていたなかったということはすこぶる驚きではあった。しかも当時、何の興味も示さなかったことは、驚きを通り越して失望の思いを強くしていたものではあった。

南條玲子さんのデビュー作品である「幻の湖」は、それだけ意味のある日本映画界の鬼作的作品なのである。鬼作的逸品な「幻の湖」を再評価することにより、日本の映画界にも新たな光が垣間見えていくことになるだろう。「幻の湖」は日本映画界の名作にあたいする。