春の訪れをチューリップで感じる

turip01
毎年この時期には育っていた我が家のチューリップが、今年は生育がすこぶる悪い。もっともほとんど生育放棄状態なのだから、おいら自身の責任が多大なのではある。もう少しは庭の手入れにもせいを入れねばならぬと思い至ったのである。それでも地元の街なかを歩けば、花壇にはチューリップの可憐な花びらがそのみを開いて楽しませてくれていた。春の訪れをチューリップの花にて感じ取っていた本日のおいらであった。

「ワラサの刺身」を食した

warasa01
春になってサワラが食べたいと欲している昨今のおいらだが、なかなかありつくことができず、代わりに食べたのが「ワラサの刺身」なのであった。

ご存知出世魚ことブリの、大きく出世する前の姿のものが「ワラサ」と呼ばれる。同じく出世前の「ハマチ」よりは大型であり、この時期になると市場に現れることが多くなる。ブリよりも脂身が少ないことからフレッシュさはこちらが強く、くどくなくて、おいらもどちらかといえばこちらの「ワラサ」が好みなのである。

生姜、山椒の風味が効いた「イワシの煮付け」を味わう

iwashi01
先日は鰯の煮付けを食したのだが、甘辛の味付けに生姜や山椒の奥深さが顔を覗かせていた。山椒といえば其の実が貴重として珍重され、古くから香辛料のほか、薬用にも使用されてきている。夏の味覚の代表である鰻の蒲焼きには、山椒の実を摺ったものを振り掛けて味わうのが定番である。振り掛けのほかに薬味として添えられることもあり、ピリリとして辛く、鮮烈な味わいは夏の鬱陶しさを一時忘れさせてくれるに充分である。近海の魚は高騰しているだが、こと「鰯(いわし)」に関してはそのような動きは無くて安定しているので、いつも普段も値段の事など気にせず注文できる。さらには、青魚の原点とも云うべき豊富なEPA、DHAが含まれており、成人病(生活習慣病)予防には必須の食材なのである。青光りとも称すべき光輝くいわしの光明は、呑兵衛のみならず生活習慣病予備軍の人々に対して相当なる光明となって一段と光輝くはずである。「弱い魚」などと蔑んでいる人はまだこの鰯の凄さを知らないのだというべきなのである。

又吉直樹著「火花」は芸人内のネタ止まり

[エラー: isbn:9784163902302:l というアイテムは見つかりませんでした]
又吉直樹氏の「火花」を読んだ。現役のお笑い芸人が書いたとして話題の一作。若手芸人の「僕」こと徳永と、僕が師匠と慕う神谷才蔵とのエピソードが中心の、芸人世界の舞台裏を描いた作品である。

お笑い芸の修行と成長がさながら人生の全てとなる彼らの芸人魂は、些か大仰であり、作家の思い入れを拒絶させるが、芸人自らが描いた内輪ネタの物語として読み進めるにつけ、数々のエピソードに興ずることができたのだった。だが其れ以上の文学的関心を呼び覚ますことは無かったのだ。

師匠の神谷は芸人仲間内では天才との評価もあり、自己のけったいな心情に真直ぐで直情型の個性派として描かれている。このキャラクターづくりには作家の仕掛けがあると見て読み進めていた。物語の後半部分では、僕がそこそこ売れるようになったのに対比して神谷の奇矯な行為が目立つのだが、最後の仕掛けでは、天才の成れの果てと呼ぶには滑稽にすぎるものとなったことに落胆させられた。いわば芸人人生の追求が、文学的テーマとして素直に合致しなかったということになる。

数年ぶりに糠漬けの古漬けを味わう

nukazuke01
ほとんど数年ぶりに糠漬けの古漬けに味わうこととなった。旨いぬか漬けに出会うことは貴重な体験である。大手のスーパーで売っている「ぬか漬け」では本当のぬか漬けの味は味わうことが無い。そんなこんなの現状の中で、昔通っていた居酒屋にて本物の古糠漬けを味わえたのはラッキーであった。よくある塩漬けの漬け物とは異なり、まろやかな酸味が口の中でハーモニーを奏でていた。植物性乳酸菌が胃袋に侵入して弱った胃や腸を調えてくれるようでもある。そんな滅多に出逢えることの無かった逸品の日本の料理なのだった。

「タラコの炙り焼き」は「失われた時を求めて」の如くの味わい

mentaiaburi01
おいらが幼少の頃からずっと「タラコの炙り焼き」はおいらの好物、フェイバレットなのであった。だが昨今はといえば、高尿酸血症の持病を持つおいらにとっては、なかなか食することもままならない食材なのではある。本日はそんな禁断の「タラコの炙り焼き」をつまみに一献。まるで至福の味わいには筆舌に尽くすことができないくらいなのである。。まるで、文豪のマルセル・プルーストによる「失われた時を求めて」における、マドレーヌの味わいのごとくに、おいらの味覚と記憶にのしかかっていたと云って良い。これからは恐る恐るではあるが、「タラコの炙り焼き」にも箸を伸ばしていきたいと思うこの頃なのでありました。

上野の森美術館で開催中の「VOCA展2015」を訪問

VOCA201501

桜が開きかけたというニュースが踊る上野の「上野の森美術館」では「VOCA展2015」が開催されている。おいらは同展覧会を訪問したのだった。「VOCA展2015」では、全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などから推薦された作家34名が出品している。この中から今年は、「VOCA賞」として、小野耕石氏の作品「Hundred Layers of Colors」が受賞している。美術界において平面作品に対する毀誉褒貶が交錯する現状に対する一つのアクションとも云える同イベント、展覧会に接して、おいらもまた現代美術の現状における新しい課題とも云える現象に接していたのだった。

神田の居酒屋名店「みますや」のランチ

marumasu01
仕事の帰りに神田の「みますや」に立ち寄りランチを食した。この「みますや」とは、神田界隈の居酒屋名店として有名であり、一説によれば我が国最古の居酒屋とされているようである。過去にはおいらも何度か足を運び酒を肴を饗していたものである。夕刻以降に神田に足を運んだ際にはよく立ち寄るのだが、ランチメニューを食したのはこれが初めてであったようなのである。

ランチタイムのメニューは全てセルフメニューとして提供されている。先ずは主菜と副菜と味噌汁とを選んで、中央の勘定処で支払いをしながらご飯を受け取るというスタイルである。今こそ珍しくなくなったが、定食屋としての定番スタイルを踏襲していることに、少なからずの郷愁的懐かしさを感じ取っていた。ちなみにおいらが主菜として選んだのは「サバ味噌煮」である。定番的な定食屋で先ず味わうべきなのがこのサバ味噌煮だと踏んでいたからである。副菜として選んだ「ヒジキ煮」は、濃い目の甘辛い味付けが江戸風の風味を主張して止まないようなのでありました。

■みますや
東京都千代田区神田司町2-15-2
03-3294-5433
11:30~13:30 17:00~22:30 ランチ営業
定休日:日曜・祝日

武蔵小金井の居酒屋「大黒屋」でクサヤを味わった

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
武蔵小金井の居酒屋「大黒屋」でクサヤを味わったのだ。その昔は「クサヤ」と云えば居酒屋の定番メニューであったが、近ごろはその匂いが敬遠されてか、中々メニューに見かけなくなってしまった。いまどき「くさや」を食したいと希っても、どこでも簡単に食せられる訳ではない。あのつ~んと鼻に来る、独特の腐ったような匂いは、人によっては食欲を減退させるばかりか嘔吐をもよおす異臭ともなりかねない。異臭と闘って食するに値するメニューなど、そうそう滅多に出遭えるものではない。小金井の「大黒屋」はその「クサヤ」が味わえる今時の希少な居酒屋なのである。炭火にかざしてクサヤを炙れば、その匂いは店内に広まっていくのだ。酔客がその匂いにクレームを付けることも今では珍しくはないのである。多数派を取り込むメニューばかりが幅を利かすのが、どこの居酒屋でも当たり前になってしまった今や、ほとんどの店にてこのメニューは、取り扱い厳禁の一品となってしまったようである。無性にくさやが食したくなったときなど、自然と足が向くのが、ここ小金井の「大黒屋」なのである。今宵もふとくさやの面影につられてぶらりと足を運んでみたのでありました。

■大黒屋
東京都小金井市本町5-17-20-101 1F

「アーツ前橋」にて「小泉明郎 捕われた声は静寂の夢を見る」展が開催

artsmaebashi02artsmaebashi03artsmaebashi01

おいらが帰省していた群馬県前橋市内の「アーツ前橋」では、昨日から「小泉明郎 捕われた声は静寂の夢を見る」という展覧会が開催されている。映像作家ととして活躍する小泉明郎氏の作品にスポットを当てた企画展である。副題には「捕われた声は静寂の夢を見る」とあるように、映像作家の特異な思い入れが反映された展示となっている。

小泉明郎氏についてはおいらはほとんどと云ってよいくらいに関心外であったのだが、わが国で注目される以前に米国内の美術界にて注目を浴びて評価されていたという、稀有な評価を浴びている作家だということである。

展覧会会場にて放映されてていた映像作品の多くは、戦時中の日本人の家庭におけるやり取りや、特攻戦士を義務付かれた若者のエピソードや独白、等々、戦争と人間の有様がテーマとして浮かび上がっていた。おいらはそれらの映像作品に接していながら、ほとんどの場面で違和感を抱いていたのだが、未だにその違和感の本質は見て取ることができないでいる。まずは冷静に、本日視聴していた小泉氏の作品群のイメージを反芻しながら、介錯と解釈とを進めていきたいと思う次第なのである。

http://www.artsmaebashi.jp/?p=4983

■アーツ前橋
〒371-0022 群馬県前橋市千代田町5-1-16 アーツ前橋
tel:027-230-1144