再会&再開

2021-02-28_01

キャンバスにアクリル他 P50号

昨年から連作している「再会&再開」シリーズの新作です。
古くからの友人たちと再会し、新規の活動を再開すること。そうした将来に臨む光景とは? 如何なる姿を示しているのか? 想像と創造のエネルギーはさらに尽きないのであります。

「小林活夫ギャラリー」でも作品を公開しています。
▼こちらもぜひご覧ください。

http://midori-kikaku.com/gallery/

#小林活夫 #美術 #絵画 #芸術 #アート #画家 #アーティスト #現代美術 #現代絵画 #抽象画 #抽象 #抽象絵画 #アクリル #アクリル画 #現代アート #モダンアート #ネットギャラリー #美術家 #絵描き #芸術家 #ファインアート #私のアトリエ #絵のある暮らし #絵画販売 #ドローイング #ペインティング #art #前衛美術 #前衛絵画 #前衛芸術

再会

2102_02s

2021-02-20_01

キャンバスにアクリル他 M10号

コロナ禍の世界で人間たちは、様々なかたちの「再会」の希望を胸に抱いて、日々の営みを行なっています。親子同士の再会、恋人同士の再会、友人達との再会、……。精霊たちの棲む世界でも、「再会」を果たしたものたちが、悦びを分ち合う光景が目に浮かんでくるのです。人間達よりも一歩先を生きているようにも見えるのです。

「小林活夫ギャラリー」でも作品を公開しています。
▼こちらもぜひご覧ください。

http://midori-kikaku.com/gallery/

#小林活夫 #美術 #絵画 #芸術 #アート #画家 #アーティスト #現代美術 #現代絵画 #抽象画 #抽象 #抽象絵画 #アクリル #アクリル画 #現代アート #モダンアート #ネットギャラリー #美術家 #絵描き #芸術家 #ファインアート #私のアトリエ #絵のある暮らし #絵画販売 #ドローイング #ペインティング #art #前衛美術 #前衛絵画 #前衛芸術

獣が闊歩する里

2021-02-14_04

キャンバスにアクリル F100号

公募展に出展したF100号の、ちょっと大きめサイズの作品を、アトリエから運び出して、居間に飾ってみました。

外来の人もほとんど訪れず、あまり使うことのない閑散とした室内の雰囲気が、少々活気付いてきました。この際、居間を模様替えして、第二のアトリエとして使用していこうと思っているところです。

「小林活夫ギャラリー」でも作品を公開しています。
▼こちらもぜひご覧ください。

http://midori-kikaku.com/gallery/

#小林活夫 #美術 #絵画 #芸術 #アート #画家 #アーティスト #現代美術 #現代絵画 #抽象画 #抽象 #抽象絵画 #アクリル #アクリル画 #現代アート #モダンアート #ネットギャラリー #美術家 #絵描き #芸術家 #ファインアート #私のアトリエ #絵のある暮らし #絵画販売 #ドローイング #ペインティング #art #前衛美術 #前衛絵画 #前衛芸術

遷移する生命

2021-02-03_01

キャンバスにアクリル画 F50号

生命が姿形を変えていく、即ち「生命の遷移」をイメージして制作した作品です。

いのちの宿る鳥類や昆虫等々に、人間の存在を重ねてみると、新しい世界のビジョンが見えてきました。人間の存在も、所謂実存的な存在の価値観に囚われてはいけないものが、そこにはあります。近頃の僕の制作活動は、そのことを確認するための、日常的な行為のようでもあるのです。

写実的な表現を忌み嫌うのは、けっして僕ばかりではないと思いますが、その原因のひとつが「写実」と呼ばれる表現世界が、人間中心の世界観に囚われているからであります。世界の真実を表現するにあたり、人間中心の固陋な世界観は不必要であるのみならず、邪魔な代物となって僕たちの前に立ちはだかっているのです。


「小林活夫ギャラリー」でも作品を公開しています。
▼こちらもぜひご覧ください。

http://midori-kikaku.com/gallery/

#小林活夫 #美術 #絵画 #芸術 #アート #画家 #アーティスト #現代美術 #現代絵画 #抽象画 #抽象 #抽象絵画 #アクリル #アクリル画 #現代アート #モダンアート #ネットギャラリー #美術家 #絵描き #芸術家 #ファインアート #私のアトリエ #絵のある暮らし #絵画販売 #ドローイング #ペインティング #art #前衛美術 #前衛絵画 #前衛芸術