ドコモのスマホ「ARROWS X」と「iPhone」とを比較してみると

mimiさんが教授しているとおりに、ドコモなどのAndroid仕様のスマートフォンのマシンを使いこなすには、バッテリーの消費量をいかにして減らしていくかが一つのポイントとなっている。

GPS切ったり、モニターの明るさ変えたり、等々の設定をいろいろ試しつつ、おいらもマイ新規マシンのシステムのダイエット化を図っているところだ。

本日は一層のことと、ホーム画面から不要なものをいっさい消去してみた。「Google」の入力ソースはさすがに消去し得ないと云うようであり、それ以外のショートカットを消し去ったので、見た目はすっきりしてきていた。

改めて「iPhone」と「ARROWS X」とを比較してみると、「ARROWS X」のほうが表示画面ではおよそ1.2倍程度の大きさであるが、重量はたぶん「iPhone」のほうが重い。「ARROWS X」はディスプレイや本体素材にも特別な先進素材を使用しているようであることが見て取れる。

「軽くて大きい」vs.「小さくて重い」と云う評価に於いては「ARROWS X」に分があるかなとも思えるのだが、それがバッテリーの過度な消費を招いているのであれば、痛し痒しなのであり、必ずしも「ARROWS X」に分があるという訳ではない。

シンプルな作りの「iPhone」に対する再評価を行いたくなってくるほどである。

ドコモのスマホ「ARROWS X」と「iPhone」とを比較してみると” への2件のコメント

  1. 無駄なバイブもOFFで。
    あとは富士通デフォルトで入っているアプリ等いらなそうなものをアプリの管理で強制停止にする。
    タスクマネージャーや履歴消しゴム等のアプリでキャッシュを停止しながら使う。

    裏で動かないようにすることが大事です。
    (面倒ですね^^;)

    シンプルに使うってことですかね。

    (システム内をいじることに抵抗がなければ(リスクを許容できれば)rootをとってスマホをシンプルに変えることができます。やり方は検索すればだいたいネットで拾えるんじゃないかと思います。私は怖くて挑戦していませんが。勉強のために次回機種変更する際にでもやってみようか?とも思っています。)

    私も、、、購入当初はバッテリーの持ちの悪さに愕然としましたが、今ではストレスがないくらいに持ちますよ。

    Android嫌いにならないで下さいね(笑)

  2. >タスクマネージャーや履歴消しゴム等のアプリ
    >でキャッシュを停止しながら使う。

    >裏で動かないようにすることが大事です。
    >(面倒ですね^^;)

    とても難しそうですが、このところが肝となっているようですね。

    本日もアプリのアップグレードがどうのと云うメールが届いていたのですが、その前に余計なアプリを消去していきたいのです。一つ一つチェックしながら、アプリの消去を行っていこうと思います。