日本人に「水餃子」が受けない訳

中国料理系居酒屋で飲んでいた際に「水餃子」を注文していた。何時もだったら「焼餃子」なのだが、今日は気紛れの風が吹いたようにて、普段とは違うメニューを食する羽目になったのだった。

出てきたその「水餃子」は、スープにも入っていないただの茹でた餃子であって、それに葱の切身がぞんざいにかけられていたのであり、おいらは一見して残念な思いにかられてしまったのだった。やはり焼餃子にすべきだったと考えたのも後の祭りであった。

凝視してしまったところ、その「水餃子」とやらは、薄っぺらい皮に包まれたワンタンを大きくしたような代物だったのだった。ワンタンも時々は食するが、取り立てて美味いものではない。ワンタンをわざわざ注文して酒を飲むのも、ある種の不条理と云わねばなるまい。

日本の餃子は焼くのが当たり前であり、こんがりと焼き目を付けて、其れを見た目でも味わいつつ食するのだ。それに引き換え「水餃子」ときたら、薄っぺらな生地から透けて見える肉のあんのみすぼらしき様相である。この違いは決定的であると云うべきと考えていたのであった。

しかるにして全く納得できないままにして、「水餃子」メニューを後にして、中国系居酒屋を立ち去ったのであった。

日本人に「水餃子」が受けない訳” への2件のコメント

  1. おひさしぶり! 水餃子、わたしは大好き。といっても、本格のものだけ。手打ちのしこしこした皮が、おいしさの秘訣。たとえていえば、讃岐うどんのようなものか? わたしは自分で小麦粉をこねて作ります。作りたてを茹でると、最高! 市販のペラペラの皮じゃ、ぜったいにだめです。あれは焼き餃子のための皮。

    ところで、あのおいしい麩まんじゅう、まだあるのかな? その後、あちこちで食べたけれど、いただいたあれをこえるものには出会っていません。

  2. 寮美千子さま、お久しぶりです。コメントありがとうございます。水餃子も生地から手作りでつくれば格別でしょうね。僕が作る餃子は市販の皮を使って作るので、なかなか満足するものはできませんでした。以前にお持ちした「麩まんじゅう」は小金井市の名店のものですが、今は八王子市内に転居してしまったため、たまにしか口にすることが出来ませんが、今でも多分その味わいはそのままだろうと思います。また何時かその「麩まんじゅう」の味をご一緒に愉しみたいと思っています。よろしくお願いします。