今季初の家鍋料理は、「火鍋風きのこ鍋」なり

本日も肌寒き気候に驚かされたのです。こういう日なれば、鍋料理が晩餐の相棒でありたい。そんなことを考えつつ、今季初めての鍋料理にチャレンジしたのでした。ここ数年のおいらのマイブーム鍋は「火鍋」である。今回はそんな火鍋の味付けを基本にした特製のレシピ。

丁度地元のスーパーで鶏のガラが出ていたのを見て即購入。それをぐつぐつ2時間あまり煮込んで鶏ガラスープをつくる。出来立てのスープを土鍋に移して中華風スープの仕込みにかかる。唐辛子、八角、クコの実、松の実、豆板醤、甜めん醤、ラー油、等々を適量加えて特製スープの出来上がりである。

具はと云えば、白菜、白葱、椎茸、舞茸、しめじ茸、等々とそしてそして牛・豚肉。具が煮込まれた頃合にて、牛豚肉をしゃぶしゃぶの要領にて湯がいて食するのだ。スープには薬膳食材が用いられているのであり、極めて健康鍋として特出されるのだ。云わば「火鍋風健康満点特製鍋」とでも申しましょうか。

〆は中華麺を入れて、きのこ味火鍋風漬麺ラーメンの出来上がりである。

コメントは受け付けていません。