寒いこれからの季節こそ「おでん」なのだ

秋を一気に飛び越えて、北海道や東北地方は冬の装いなのだという。

そんな季節にはどうしても温かい食べ物が必要だ。その代表的な温かものといえば「おでん」なのであり、今日はそんな気分も際立って、おでんを食したのでした。

入ったのは「静岡おでん」の店。巨大なおでん鍋に、串を刺したおでんネタがグツグツと煮込まれている。おでんの汁が黒いのが静岡風なのだ。それを味噌ダレ付けで食べるのが静岡流ということだが、さすがにそれはパスして、和辛しを付けて味わった。これからもっとずっと食べたくなる味だろうな。

コメントは受け付けていません。