ありそで無かった「マグロのタタキ」だが、味はいまいち

「マグロのタタキ」というメニューを目にして思わず注文してしまった。ありそで無かったというメニューである。そして出てきたのが上の写真。マグロの身を軽く炙りスライスしたものだった。つまりは「カツオのタタキ」のマグロ版だ。見た目もカツオのタタキによく似ている。

そして口に運んだところが、まるで大味であり、パリッとした皮の風味も食感も香ばしさも無く、カツオのタタキとは似て非なる味わい。繊細なカツオの味覚は微塵も味わえない。やはりタタキのメニューはカツオのものに限るのである。

コメントは受け付けていません。